京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下鴨神社-煎茶祭
 下鴨神社であった、煎茶祭(せんちゃさい)。

 葵祭り、今年最後の行事です。

 この煎茶祭は、葵祭りも滞りなく終わって、皆さまご苦労様。お茶でも一杯どうですか?といった感じの行事です。正確には、小川流家元が点てた煎茶を、下鴨神社のご祭神へ献上するものです。似たような行事は、上賀茂神社でも行われます(献茶祭)。

 葵祭り、最後の最後ですが、それでもフタバアオイは、必須アイテムです。何の行事か判らなくっても、葵の葉があれば、葵祭り関連行事です。斎王代禊神事でも、流鏑馬神事でも、御陰祭でも、葵の葉は必ずどこかにあります。

 さて、これで京都の皐月を代表する、葵祭りは終了です。次は、文月を代表する、祇園祭へと移っていきます。

20070520120613.jpg

20070520120623.jpg

20070520120632.jpg

20070520120643.jpg

20070520120651.jpg

20070520120701.jpg

20070520120710.jpg

20070520120720.jpg

20070520120729.jpg

20070520120738.jpg

20070520120747.jpg

20070520120757.jpg

スポンサーサイト

加茂街道-葵祭り
 葵祭り@加茂街道。

 葵祭りのベストビューポイントを探すと、最初に行った御所のスタート地点、ここ加茂街道と上賀茂神社くらいです。一番涼しくって、人が少ないのは、断然加茂街道沿いです。桜の木が、強烈な5月の日差しを遮ってくれます。

 加茂街道で写真を撮るのは、難易度高かったです。場所が取れないとかではなくって、快晴の日陰の場所なので、アンダー気味やオーバー気味の写真ばっかり。かつ、何故か行列の皆さん、移動スピードが速いです。斎王代を写すなんて、不可能に近かったです。見る分には、最高の場所なんですけど。

 この辺りは、もう行列の皆さんお疲れ気味なので、あまり笑顔がありません。葵の葉もこの辺りだと、しなってきています。ただ、ここで疲れていたら、上賀茂神社の祭儀まで到底もちません。だって、葵祭りが終了するのは、日が沈む午後6時だから。

 あと、最初(御所)を撮ったので、加茂街道だけではなく、最後の上賀茂神社の「走馬の儀」も押さえときました。

 あーあ、これが去年だったらなあ。とチョット思ってしまった、2007年の葵祭りでした。

20070515191911.jpg

20070515191924.jpg

20070515191934.jpg

20070515191945.jpg

20070515191956.jpg

20070515192007.jpg

20070515192018.jpg

20070515192030.jpg

20070515192041.jpg

20070515192051.jpg

20070515192102.jpg


京都御所-葵祭り
 葵祭り@京都御所。

 5月15日になりました。葵祭り巡行当日です。いろいろ前行事を見ておいて、15日をスッ飛ばす訳にはいきません。

 今日は平日なので、それほど人は多くないのですが、さすがに御所と下鴨神社は、有料観覧席があるため人が集まってしまいます。その人が集まる御所のベストビューポイントは、清所門か宣秋門あたりの出発地点です。日光を避けるなら、もう少し下がったイチョウの木があるところです。時代祭りでもそうですが、本当の本当の出発地点は、人が少ないです。

 その他もろもろ書きたいですが、次があるので、とりあえず御所でのお話は終了です。あともう少しだけ森川香絵さんを追っかけをしましょう。

20070515123940.jpg

20070515123951.jpg

20070515124001.jpg

20070515124011.jpg

20070515124021.jpg

20070515124031.jpg

20070515124041.jpg

20070515124051.jpg

20070515124101.jpg

20070515124110.jpg

20070515124120.jpg

20070515124129.jpg

20070515124138.jpg

20070515124149.jpg

20070515124158.jpg


下鴨神社-御陰祭
 下鴨神社の御陰祭(みかげまつり)。

 葵祭りの直前の土曜日になりました。直前と言うことで、この日(5/12)は、上賀茂神社、下鴨神社とも、葵祭りの準備を行います。上賀茂神社は御阿礼神事(みあれじんじ)、下鴨神社は御陰祭。このうち見学できるのは、下鴨神社の御陰祭だけです。

 この御陰祭りは、朝っぱらから八瀬(やせ)にある御陰神社に赴き、祭神を迎えに行く神事です。下鴨神社から八瀬まで、20km以上あるんで、追っかけたい人は覚悟しましょう。私は覚悟できませんでした。まあ、途中は、車移動するらしいですけど。

 この御陰祭のメインは、下鴨神社である切芝神事で行われる「東遊」です。糺の森で、神馬の前で、舞が行われます。午後4時から行われるのですが、3時30分に行ってもどこにも座れません。座りたい人は、3時前から待ちましょう。

 何故か判りませんが、神馬が到着すると、写真のように馬は顔だけ外に出されて、幕で周りを覆われてしまいます。こんな状態にも関わらず、このお馬さん、全く暴れませんでした。あんだけ、フラッシュ浴びてたのに。さすが、神馬です。

 3日後は、葵祭りです。どうか、晴れますように。

20070512182853.jpg

20070512182902.jpg

20070512182913.jpg

20070512182926.jpg

20070512182936.jpg

20070512182945.jpg

20070512182956.jpg

20070512183010.jpg

20070512183020.jpg

20070512183032.jpg

20070512183041.jpg


上賀茂神社-賀茂競馬

 上賀茂神社であった、競馬会神事(くらべうまえしんじ)。

 葵祭り目的で、ゴールデンウィークに京都を訪れている人の行動パターンは、大体決まります。もし、下鴨神社で歩射神事を見ていたのなら、次はこの賀茂競馬です。

 賀茂競馬は、はじまるまでが長いです。歴史が長ければ長いほど、儀式の時間も長くなり、なかなか始まってくれません。そういうもんって言えば、そういうもんなんですが…。まあ、いつもの事なので、神馬堂のやき餅を食べながら、待ってようと思いましが、売っていません。どうも、予約制にしているみたいです。この感じだと、フラッと立ち寄って買うなんて無理な気がします。

 実際の競馬が始まるまで、全ての神事を追っかけてもよかったのですが、これがあちこち移動して疲れるのでやめときました。多分、全部追っかけたら、本番が始まったときにはグッタリです。

 気合を入れてデジイチで撮ったんですが、いかんせん馬が速すぎます。シャッターを一回押すと、もう次なんて撮れません。京都競馬場で、練習したほうがいいみたいです。そう言えば、私が載せている写真は、高速移動している被写体は、殆どないですね。そもそも、近距離で撮れる高速移動被写体なんて、鉄道か競馬くらいなんですけどね。

20070505180235.jpg

20070505180250.jpg

20070505180306.jpg

20070505180322.jpg

20070505180336.jpg

20070505180351.jpg

20070505180406.jpg

20070505180419.jpg

20070505180435.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。