京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


下鴨神社紅葉
 下鴨神社の紅葉。

 糺の森に来て判りました。もう、12月なんです。あと2週間程で、冬至です。日の落ちることが早いこと早いこと。糺の森を歩いている間に、一気に日が暮れました。適当に写真とってたら、ブレブレになってしまいました。

 もう少し早く行動すればよかったのですが、布団が暖かすぎて抜け出せませんでした。寒いと動きたくなくなるのは、動物の習性なんでしょうか?まあ、ワクワクするような出来事があったら、寒いとか関係ないですが…。

 恐らく、ここで今年の紅葉レポートは終了です。次は、年末の話題になっていくのかなあ?

20081207_下鴨神社紅葉1_601x400 

20081207_下鴨神社紅葉2_601x400 

20081207_下鴨神社紅葉3_601x400 

20081207_下鴨神社紅葉4_601x400 

20081207_下鴨神社紅葉5_601x400 

20081207_下鴨神社紅葉6_601x400 

20081207_下鴨神社紅葉7_601x400 

スポンサーサイト

北野天満宮紅葉
 北野天満宮の紅葉。

 そろそろ今年の紅葉も終了です。紅葉が散っていくように、人出も少なくなってきました。この時期、北野天満宮に来る人は、かなり通に分類される人達です。

 北野天満宮には、御土居なるものがあります。周辺には、梅や楓が沢山植えられています。この御土居は、秀吉が「こっから、ここまでが京都」と線を引いた名残です。だから、他にも御土居跡が市内に残っています。

 この御土居の紅葉は、最近まで見れませんでした。公に見れるようになったのは、確か去年からだったと思います。昔よく見た感じの普通の光景ですが、逆に最近では見ない感じです。雰囲気は、糺の森みたいです。

 何故か今年からライトアップをし始めたので、そこそこ有名になってきているのかもしれません。来年は、梅の時期にライトアップをしてもらいたいです。

20081207_北野天満宮紅葉1_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉2_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉3_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉4_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉5_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉6_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉7_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉8_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉9_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉10_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉11_601x400 

20081207_北野天満宮紅葉12_601x400 


宝筐院紅葉
 宝筐院紅葉。

 今日2個所目はここ。と、ここが最後なんですけど。この後疲れて、他に行く気がなくなりました。恐らくここよりいい所って、そうそう無いと思ったんで。

 最近よく分からないですが、嵐山のような観光地に来ると、爺さんが若いお姉ちゃんに声かけている場面をよく見ます。ここに来るまでに、何回かそんな風景を見かけました。爺さんは観光案内宜しく、聞きもしない観光情報を提供してくれます。別にお金を取られるわけじゃありませんが、決して男性やおばさんには情報を提供しません。地元民らしい雰囲気を醸(かも)し出していますが、十中八九違います。まあ、ボランティアのワッペンをしていれば、地元の人ですが…。

 そんなこととは別に、ここは紅葉の季節に訪れると、かなり得した気分になります。天龍寺のような有名処で、人混みに押されて観る様な紅葉狩りとは全く違います。ウソかホントかは、一度行けば判ります。一日中寝転がって、ゴロゴロしたくなるような場所です。

20081130_宝筐院紅葉1_601x400 

20081130_宝筐院紅葉2_601x400 

20081130_宝筐院紅葉3_601x400 

20081130_宝筐院紅葉4_601x400 

20081130_宝筐院紅葉5_601x400 

20081130_宝筐院紅葉6_601x400 

20081130_宝筐院紅葉7_601x400 

20081130_宝筐院紅葉8_601x400 

20081130_宝筐院紅葉9_601x400 

20081130_宝筐院紅葉10_601x400 


清涼寺紅葉

 清涼寺の紅葉。

 初めて知りました。「嵐電天神川」駅の読み方は、「あらでんてんじんがわ」では無く、「らんでんてんじんがわ」と言うことを。私達地元民が普通にランデンと言っていたのは、漢字では「嵐電」と書くみたいです。京福電鉄がランデンとアラデンの名称の矛盾を統一する苦肉の策に思えます。

  そんなことを確認しつつ、ランデンを使って嵐山へ。午後3時過ぎ到着。あのー、いつものように鬼のように人が多いんですけど。道路もナチュラル歩行者天国になってるし。まあ、判ってて訪れているので、別にいいんですけど。

 さあ、嵐山がいっぱいなのは当然として、こちらはどうでしょうか?清涼寺に向かって北に歩いていくと、野々宮神社へ向かう交差点では半減、JRの踏み切り付近では人が激減、清涼寺ではいつもの状態でした。それでも少し多め。

 あー、そうだ。去年ぶっ壊れた仁王門も復活していました。もう、車で門に突っ込むテロ行為はやめましょう。

20081130_清涼寺紅葉1_601x400 

20081130_清涼寺紅葉2_601x400 

20081130_清涼寺紅葉3_601x400 

20081130_清涼寺紅葉4_601x400 

20081130_清涼寺紅葉5_601x400 

20081130_清涼寺紅葉6_601x400 

20081130_清涼寺紅葉7_400x601 

20081130_清涼寺紅葉8_601x400 

20081130_清涼寺紅葉9_601x400 

20081130_清涼寺紅葉10_601x400 

20081130_清涼寺紅葉11_601x400 



真如堂紅葉

 真如堂の紅葉。

 久しぶりに一日三回もブログを更新しました。もっと前には、一日十回以上更新した日もあるのに…。そのときの気分で、更新頻度が変わるみたいです。

 今日はよく調べずに出歩いていますが、大体紅葉が綺麗なところは決まっているので、その辺の記憶を頼りに歩けばそんなにハズレはありません。東山近辺ならあそこだし、嵐山ならあそこと十八番があります。知らないところに行くには、それなりに前準備しておかないと、「行ったけどハズレでした」となる確率高しです。

 
真如堂は、11月終盤に行けば当りです。多分、先週が一番良かったのかもしれませんが、それでも他に比べたら大分当りです。そもそもお金も払っていないので、ハズレとか言ったら怒られます。桜の時期の平日がもっと当りなんですが、それを秋のこの時期に言っても仕方ないのでやめときます。

20081129_真如堂紅葉1_601x400 

20081129_真如堂紅葉2_601x400 

20081129_真如堂紅葉3_400x601 

20081129_真如堂紅葉4_601x400 

20081129_真如堂紅葉5_601x400 

20081129_真如堂紅葉6_400x601 

20081129_真如堂紅葉7_601x400 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。