京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松尾大社-夏越祓

 松尾大社の夏越祓(なごしはらえ)。

 今日は、6月30日。ってことは、夏越祓の日。←何でそんなの知ってるの?

 会社帰りに、松尾大社にGo。←お前は一体何処に勤めてるんだ?

 今年半年は、激動の半年。何がどうなったのか、判らないくらい、変化があった。もう、今までの嫌なことも、全部これで薙ぎ払ってほしい。お賽銭もしたし、松尾大社の神様だから、その辺は格が違うはず。なんたって、今年の初詣で、私に大吉のおみくじを授けてくれた所だから。

 夕暮れ時に行ったけど、なんかいいなあ。日が落ちる瞬間くらいが、周りが一番綺麗に見える。私が持ってる、「花は雨の日」理論に当てはめると、雨の日の夕方に、花を見るのが一番綺麗という結論になりそう。今度、試しに行ってみよう。

 ナンダカンダ言って、もう半年たったなあ。残りの半年は、何が起こるんだろう?いいこと起こってくれるといいなあ。

20060630211656.jpg

20060630211714.jpg

20060630211943.jpg


20060630212023.jpg


スポンサーサイト

プレ祇園祭2006-大舩鉾祇園囃子奉納

 八坂神社であった、大舩鉾(おおふねほこ)の祇園囃子奉納。

 もー、なんで今日が雨なの?一日遅い。今日は、今日しかやってないことがあるのに…。

 さて、今日は祇園祭を少しフライング気味で追いかけてみました。今、京都文化博物館では、別館で鯉山の展示、本館で祇園祭懸装品展がやってます。別館は無料だけど、本館は500円要ります。「そんなん、本番で見れるからいいやん」と言う人には、あんまり有難みがないかもしれません。

 そうそう、今日は珍しい鉾の祇園囃子が聴けました。大舩鉾なんて聞いたことあります?新手の鉾と思った人。ハズレです。大舩鉾は、諸事情で今は山鉾巡行に参加していない、休み山鉾です。貰ったパンフレットに依ると、新町綾小路にある舩鉾を「出陣の舩鉾」と呼ばれ、この大舩鉾は、「凱旋の舩鉾」と呼ばれてたそうです。

 大舩鉾以外にも、あと2基、休鉾があるそうです。話変わって、何年か前に「新しい鉾、作りました」みたいな記事が、新聞に載ってたなあ。結局、山鉾巡行には、参加出来なかったみたいだけど。作ればいいってもんでもないし、ある意味当然?

20060625175137.jpg

20060625175153.jpg

20060625175209.jpg

20060625175238.jpg

20060625175300.jpg



真如堂-紫陽花+菩提樹+沙羅双樹

 真如堂の紫陽花、菩提樹、沙羅双樹。

 少し北の方へと足を伸ばし、真如堂へ。もうこの辺で、結構、へばってます。真如堂に行く道のりも、坂道多いし。晴れてて、暑いし。

 真如堂も、季節毎にいろいろ花が咲いてます。今日の目的は、紫陽花だったけど、菩提樹も、沙羅双樹も咲いてました。沙羅双樹は、別のところでもよく見かけるけど、菩提樹ってあんまり見たこと無いなあ。ちなみに、菩提樹って、毎年花が咲くとも限らないらしいです。

 
今日で、紫陽花紀行も終わりにするつもりだったけど、終わらなかった。本当は、この後、哲学の道、法金剛院、松尾大社、梅宮大社と周って、殆どの有名処を抑えるつもりだったけど、疲れました。明日の分の体力を使いそうだったので、今日はこれでお終い。

20060624171133.jpg

20060624171152.jpg

20060624171248.jpg

20060624171311.jpg

20060624171335.jpg



祇園白川-紫陽花

 祇園白川付近の紫陽花。

 さてと三個所目は、祇園白川。ここは、サスペンスドラマとかでよく見かける、巽橋が有名です。この辺をウロチョロしていると、運が良ければ、芸舞妓さんに出会えます。宮川町辺りだと、ニセ舞妓に出会えます。

 ここは、やっぱり桜の時期が一番綺麗かな。この辺りの白川は、確かに名前は白川だけど、岡崎で疎水の水と合流してから、再度分流してるから、厳密には白川砂で有名な源流のものとは違います。岡崎より北側の白川は、本当に白砂が川底にあります。臭い水の匂いもしません。

 とまた脱線し始めてるので、話を紫陽花に戻すと、ここの紫陽花は、お店の前にあるのが殆ど。多分、商売用に手入れしているんだろうなあ。この辺りの町家店舗は、別にどの花を前に飾っても綺麗だから、ある意味得してるなあ。と思うようになります。

20060624164603.jpg

20060624164623.jpg

20060624164642.jpg



藤森神社-紫陽花

 藤森神社の紫陽花苑。

 今日の2個所目は、藤森神社。先週も行ったけど、その時はあんまり咲いてなかったので、再訪問。一週間も経つと、さすがに見頃になっていました。その前に、紫陽花の開花期間ってどれ位?数週間くらいあるように思うけど。よく判らないなあ。

 そう言えば、先週サッカーの必勝祈願と言って、蹴鞠と太鼓を奉納してたけど、効果なかったみたい。やっぱ、世の中、神頼みだけじゃあダメってこと?神頼みは、最後の最後で使うものだし、実力差が有り過ぎたら効果なし?いや、ブラジルから一点取れたのは、神がかりかもしれないし、効果あったのかも(一点分だけ)。

 サッカーの話は置いといて、当の紫陽花の方はと言うと、第一紫陽花苑は、そこそこ花付きもよかったけど、第二紫陽花苑は全然って感じでした。多分、第二紫陽花苑は、このまま咲かないと思う。周期とかあるの?


 さっきの三室戸寺とこの藤森神社が、京都の紫陽花名所1・2ってところ。紫陽花畑って感じで、紫陽花を掻き分けながら進むような場所です。後の有名処は、だいぶ差がついた三番手集団です。

20060624155754.jpg

20060624155814.jpg

20060624155839.jpg

20060624155858.jpg

20060624155915.jpg



三室戸寺-紫陽花

 三室戸寺の紫陽花庭園。

 今日は紫陽花Dayにしようと思い、京都で一番紫陽花の有名処の三室戸寺へ。三室戸寺は、宇治にある西国観音霊場の10番目の札所。本山修験宗と言う、チョット聞きなれない宗派。

 運が悪いことに、今日は気持ちいい位晴れている。先週の天気予報では、「週末は雨」って言ってたのに。やっぱり、紫陽花が似合うのは雨でしょう。雨と蝸牛(かたつむり)は、紫陽花の必須アイテムなのに。残念。そうそう、私の勝手な自論だけど、紫陽花に限らず、綺麗に咲いた花は雨の日に観るのが一番綺麗だと思う。

 去年、初めて三室戸寺に行ったけど、紫陽花を見て凄いと思ったのは、ここが初めて。これだけ
紫陽花があったら、誰でも凄いと思うはず。一度、夜のライトアップされたバージョンも見たいなあ。噂では、夜はカップルが多いらしい(昼間はオジさん・オバさんばかり)。

 どうやら、紫陽花には桜ほど、日本人の心を惹きつけるパワーは無いらしい。紫陽花=雨、って構図になってるから?梅、チューリップ、バラ、朝顔、向日葵、秋桜、菊でも、桜に勝てない。どういう理由なんだろう?こういうのって、論理的に説明出来るのかなあ?

20060624150128.jpg

20060624150149.jpg

20060624150224.jpg

20060624150505.jpg

20060624150537.jpg



万福寺-蛍放生会

 万福寺の蛍放生会(ほたるほうじょうえ)。

 宇治の黄檗(おうばく)にある、万福寺の放生会。放生会は、生き物を大事にしましょうって意味合いの行事。実際にやることは、法要の後に、蛍を万福寺内にある放生池に放つこと。

 この放生会は、去年から始まったらしい(関係者談)。と言う事は、私は、第一回目から行ってたことになります。って言うか、私の行動パターンはワンパターン?チョット考える必要あり?

 そう、蛍も綺麗だけど、この放生会では、ミニコンサートも行われます。今年は、横笛。演奏者は、阿部慶子さん。能楽で主に笛を吹いているそうです。

 笛の音を聴いていて思ったけど、大きさが小さな楽器程、透明で澄んだ音が出る気がする。大きくなるほど、重低音。これって、当たり前?

 今日は、静まり返った空気の中を、突き抜ける様な笛の音が聴けてよかった。微妙に、拝観料高かったけど(800円)。


20060618232316.jpg

20060618232334.jpg

20060618232350.jpg

20060618232410.jpg

20060618232431.jpg

20060618232527.jpg

20060618232544.jpg



藤森神社-藤森太鼓奉納

 藤森神社であった、藤森太鼓。

 去年は、こんな太鼓の奉納なんて無かったけど、ワールドカップの景気づけと言う事で、蹴鞠の後に奉納してました。去年の夏頃から練習をし始めて、約一年で人前に出れるまでになってます。結構すごいです。

 人も少ないので、最短距離で太鼓の音が聴けます。空気が震えます。太鼓って、お祭りのイメージしか無いけど、普通そんなもんかなあ?

 このときから、あれよあれよと時間が過ぎていって、今は、そのワールドカップの日本VSクロアチア戦の真っ最中。こんなときに、ブログ書いてる私は、薄情者?で、どうなってるの?後で、確認しよう。


20060618230845.jpg

20060618230907.jpg

20060618230929.jpg



藤森神社-蹴鞠奉納

 藤森神社での蹴鞠奉納。

 去年も、ここに来てたような気がする。去年と今年の違いは、ワールドカップがあったかどうか。蹴鞠も球技なので、やたらサッカーの話を神主がしていた。確かに、ここ藤森神社は、勝負事で有名だけど。

 さて突然ですが、問題。京都で蹴鞠が観れる場所は、何箇所あるでしょうか?調べれば一瞬でわかるけど、スラスラと答えられる人は、中々の通です。前の私のブログ見てた人なら、知ってるかも。ちなみに、答えは、下鴨神社、白峯神宮、藤森神社、京都御所。他にあったら教えてください。

 もう、何回も観て、説明もなんか微妙に聞き飽きてきた。観てるのは面白いんだけど。これって、特別なことがない限り、京都くらいしか見れないんだけど。まあ、そんな感じです。

20060618164759.jpg

20060618164809.jpg

20060618164818.jpg

20060618164828.jpg

20060618164837.jpg

20060618164848.jpg



新風館-ボーイミーツワールドVol.1

 ボーイミーツワールドVol.1 at 新風館。


  京都の新風館であった、ライブ。今日は、Vol.1と言ってるから、多分、Vol.2もあるはず。一組目は、みかとやす。二組目は、竹上久美子。

 写真の2組のユニット、両組とも新風館でのライブは、初ということらしい。一組目は、のんびりほんわかって感じ。二組目は、チャキチャキって感じ。えっ、よく判らないって?まあ、音楽なんて言葉で説明出来ないって。

 どうやら、この後にEXILESのライブがあるらしい。追っかけらしき女性達が、いすにEXILES S席確保済みたいなテープを張っていた。それが、前2列全部だったから、前列はスカスカ。そんなの張ってたら、そのときまでそこスカスカのままなんですけど。

 やっぱり、新風館のライブは、メジャーどころではなく、これから頑張っていきますって感じの人たちに、やって貰わないと調子が狂う。

 ところで、新しく買ったデジカメ(Finpix-F30)の画質はどうですか?チョット位周りが暗くても、平気で綺麗に撮れるから、お気に入りなんですけど。

20060617185411.jpg

20060617185437.jpg



お引越しデビュー

 別のブログから、こちらにお引越ししてきました。

 とりあえず、最初はrimacona(リマコナ)ということで、はじまりはじまり。

20060610230929.jpg


テーマ:日記 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。