京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さくらの都2007-京都御所(2007/3/31版)

 京都御所の桜(3/31版)。

 今出川通りを西にチョット戻って、御所に向かいました。今年何回目なんでしょう?先週末が、近衛邸付近の桜の満開時期でしたが、今日はその他の山桜が咲き始めています。

 御所はあまりに大きいので、歩いて突き抜けるのは疲れます。ここだけだったらどうってこと無いですが、そこそこ歩いた後に、ここを突っ切るのは大変です。今なら、桜が咲いているので、そちらに気が向いてくれるので、まだ我慢できます。

 先週に比べると、同じ時刻でも人の数が全然違います。シートを広げて、家族連れや学生さん達がお弁当を食べています。晴れてたら、もっと良かったんでしょうね。私も弁当を持って行けばよかったです。

20070331234753.jpg

20070331234805.jpg

20070331234818.jpg

20070331234836.jpg


スポンサーサイト

さくらの都2007-本満寺
 本満寺の枝垂桜。

 さて、また今出川沿いに戻り、河原町今出川へ。そういえば、今日は天気悪いです。曇りなので、写真全部イマイチですね。天気はどうしようもないので、許してください。

 去年、ここに戦国武将の山中鹿之助の墓標があると知ったので、桜を見た後に探してみたのですが、何処にあるか全然わかりませんでした。墓地を物色するのも、不審者染みているので諦めました。誰かどこか教えてもらえません?

 ここだけではありませんが、今日巡っている場所は、拝観料もろもろを払っていません(お賽銭くらいはしましたが)。大きな有名寺院だったら、桜があるところは、拝観料を払って入ったところにしかないですが、太っ腹です。

20070331232842.jpg

20070331232855.jpg

20070331232906.jpg


さくらの都2007-水火天満宮
 水火天満宮の枝垂桜。

 ここは、狭い神社です。狭いのに、大きな桜があります。天満宮ですけど、梅じゃなく桜です。

 普通、ここまで桜が咲くようになるまで、何年掛かるんでしょう?移植するにしても、どっかで育てておかないといけません。そういうのは、造園業者の方がするんでしょうか?

 ここではありませんが、平野神社で桜の苗木が売ってました。買おうと思えば買える値段でしたが、あれをここまでするのに、何十年待たないとダメなんでしょう?気の長い話です。アサガオや向日葵みたいな、一年草を育てるのでも、大変だと思うのに。

20070331225924.jpg

20070331225936.jpg

20070331225947.jpg

20070331225958.jpg


さくらの都2007-妙覚寺
 妙覚寺の枝垂桜。

 よく考えたら今日は、今出川通り沿いをウロチョロしてるような気がします。と言っても、この辺(堀川寺の内)は少し離れています。この寺の内辺りは、適当に歩いていれば、なんか桜に出会います。

 不思議なもので、一度見て印象に残ってしまうと、またそこに行きたくなります。旅行でもなんでもそうですが、一度気に入ってしまうと、そのときと同じ感覚を味わうために、同じ行動をしてしまいます。それが長く続けば、趣味になるんでしょう。

 いつもベタベタとブログに写真載せてますが、別に誰かに見せる用ではなく、自分が見るよう(行動日記用)でやってるんで、どんなのを載せてもいいんですが、やっぱり一番いい奴を載せてしまいます。さて、いつまで続けるんでしょうか?はっきり言って、自分でもわかりません。いつか飽きるような、そうでも無いような。まあ今、考える必要も無い気がします。

20070331224241.jpg

20070331224254.jpg

20070331224305.jpg

20070331224317.jpg


さくらの都2007-妙蓮寺
 妙蓮寺の桜。

 妙蓮寺は、御会式桜(おえしきざくら)が有名です。一応由来は、日蓮上人の命日(10/13)から咲き始めることから、名前がついているのですが、どうも都市伝説らしきものがあるみたいです。

 3枚目の写真で、ご丁寧な説明がありますが、花弁を持ち帰ると恋が成就するとのことです。どっからこんな噂が広がっているのか知りませんが、初めて聞きました。源氏物語あたりで出てきそうな話ですが、時代が違いすぎます。

 その辺の話は置いといて、妙蓮寺近くのお寺(堀川寺の内付近)は、桜を植えているところが多いです。妙蓮寺もこの御会式桜以外に、染井吉野が沢山植えてありました。染井吉野が満開の時期に、時間があったら、行ってみたいです。

20070331160443.jpg

20070331160455.jpg

20070331160505.jpg

20070331160516.jpg

20070331160528.jpg

20070331160538.jpg


さくらの都2007-本隆寺
 智恵光院上立ち売りを下がったところにある、本隆寺(ほんりゅうじ)の桜。

 微妙に去年と違う場所を出しとかないと面白くないので、隠れた桜のお寺を。智恵光院今出川から、智恵光院通りを北に向かってテクテク歩いていくと、本隆寺が見つかります。

 ここにある桜は、殆どが染井吉野なので、円山公園や哲学の道の桜が満開の時期にくると、同じく満開になってます。だから、今日はまだチョット早かったです。3/25に京都は桜開花宣言があったので、普通その1週間後くらいが見頃なんですが、あと3,4日掛かりそうです。

 一度だけ満開の時期に、ここに来たことがありますが、殆ど人がいなっくて得した気分になります。円山公園みたいな宴会や、哲学の道みたいな人混みもないので、晴れた日の午後に来ると、時間が止まって欲しいと感じます。多分、ここも雑誌にいずれ載るんでしょうね。

20070331154350.jpg

20070331154402.jpg

20070331154413.jpg

20070331154425.jpg

20070331154437.jpg


さくらの都2007-千本釈迦堂

 千本釈迦堂のおかめ桜。

 染井吉野の満開の時期は、もう少し先(来週末?)そうなので、マイナーお花見名所巡りをしてみましょう。知ってても行かないとか、もともと知らないとか、雑誌に載ってるけどそこまで行かない、といったところをお散歩してみました。殆どは、去年のブログで載せている所と同じです。

 マイナー路線なので、人も少ないと思っていましたが、朝の9時半でカメラの三脚を建てて写真撮っている人達が結構いました。大体そういう人達は、団塊の世代くらいの年齢です。普通に地元の人達ではありません。だって、地理に疎いから。結局、何が言いたいかは省略しときます。

 千本釈迦堂のおかめ桜は、たった一本だけです。でも、凄いなあと感じます。あっ、説明し忘れましたが、おかめ桜とは通称名で、桜の品種のオカメ桜とは全然違います。

 パシャパシャと桜の写真を撮っていたら、あっと言う間に枚数が増えてしまいました。デジカメじゃなかったら、恐ろしくなります。技術の進歩はすごいです。


20070331150134.jpg

20070331150149.jpg

20070331150213.jpg

20070331150228.jpg

20070331150241.jpg

20070331150255.jpg

20070331150312.jpg



さくらの都2007-平野神社(2007/3/25版)

 平野神社の魁桜(3/25版)。

 今日は天神さんの日かあ。すっかり、忘れてました。午後から、雨も止んで、皆さん動き始めています。だから、平野神社にも人が集まります。

 もうひとつ忘れていたのは、今日から、平野神社で桜コンサートが始まります。こっちも、全然覚えていませんでした。このコンサート、染井吉野が満開の時期は沢山の人が集まりますが、その時期からずれると随分と人が減ります。更に、夜の部はご近所さんしか集まりません。

 そう言えば、今頃になって、平野神社を載せるなんて、遅すぎの気もします。ここは、一ヶ月位桜が咲き続ける珍しい場所です。さて、あと何回、平野神社は
このブログに登場するでしょうか?

20070325194430.jpg

20070325194456.jpg

20070325194509.jpg

20070325194521.jpg

20070325194534.jpg



さくらの都2007-京都御所(2007/3/25版)

 京都御所の糸桜(3/25版)。

 やっと春らしくなってきました。スイッチONです。


20070325191432.jpg

20070325191444.jpg

20070325191455.jpg

20070325192720.jpg

20070325192730.jpg

20070325192740.jpg



さくらの都2007-祇園白川(2007/3/24版)
 祇園巽橋付近の枝垂桜。

 ここ2週間程、寒の戻りで寒かったので、祇園の桜もあんまり咲いていまんでした。今年は暖冬といいつつ、最後の帳尻は合うようになっているようです。

 それより、またここ祇園白川で夜桜のライトアップをやるそうです。正確に書くと、もう始まっています。期間は、3/23(金)~4/8(日)まで。時間は午後6時~10時まで。多分、来週末くらいが一番良いんではないでしょうか?

 祇園の桜は、あんまり書くことがないので、これで終了!(タダのメモ書き)

20070324183257.jpg

20070324183309.jpg


さくらの都2007-車折神社(2007/3/24版)

 車折神社の渓仙桜(けいせんざくら)

 雨ですねえ。今日は、雨なんです。雨をイヤだと思うか、チャンスだと思うか考え方次第です。会社に行くときに雨だったら、当然嫌な気分になりますが、休日の雨はチャンスに思えます。だって、みんな外に出たがらないから。自(おの)ずと、何処に行っても空いてます。

 更に、桜の満開時期に雨に出くわすのは、至難の業。私の「花は雨の日理論」を桜で実行するのは、殆ど不可能です。満開の時期に、休日で且つ雨が適当に降っているなんて、そうそうありません。

 もう少ししつこく書くと、雨の日の満開の渓仙桜(渓仙桜の説明は去年の記事参照)
の写真を載せているところなんて、このブログ以外で見つからないでしょう。って思うと、得した気分になりません?ちなみに、1-5枚目が渓仙桜、6,7枚目が河津桜、8枚目が寒緋桜です。

20070324180137.jpg

20070324180148.jpg

20070324180200.jpg

20070324180210.jpg

20070324180223.jpg

20070324180234.jpg

20070324180244.jpg

20070324180255.jpg



さくらの都2007-京都御所(2007/3/21版)

 京都御所の糸桜(3/21版)。

 どうも、御所の北にある同志社は、土日祝日を卒業式の日に設定しているみたいです。今日は、同志社大学の卒業式でした。今度は、袴姿の女性だけでなく、スーツ姿の男性も見かけました。男性と女性で感覚が違うと思うのですが、私は卒業式はなーんとも思っていませんでした
。大学の卒業式か大学院の修了式のどちらか行ってないです。時間が経つと、その考えも変わっていますけど…。

 御所の糸桜ですが、4日前に行ったばっかりなので、そんなに変わってません。でも、順調に花が開いています。今週末以降がベストでしょう。週末って、天気予報では雨って言ってますけど…。糸桜が終われば、次は染井吉野です。

 今年は、沢山回らず、ゆっくりお花見するようにします(多分)。

20070321154448.jpg

20070321154516.jpg

20070321154529.jpg

20070321154543.jpg

20070321154555.jpg

20070321154608.jpg

20070321154620.jpg



東山花灯路2007(2007/3/17版)

 東山花灯路2007の8日目。

 まあ、私の花灯路での行動パターンは、大体決まっています。高台寺公園で、面白そうなイベントをやっているか?他に時間指定のイベントは無いか?そうすると、行く時間と場所が決まって、着いてからフラフラどうしようといった感じにはなりません。逆パターンもありで、フラフラ行って、なんか見つけるのも面白いですけど。

 今日は、前者の発想で、高台寺公園舞台から始めました。最初は、airytalk(エアリートーク)から。女性ボーカルに、ギター、パーカッションの男性2名、計3名のバンドユニット。京都女子大学から出ている、プリンセスラインのイメージソングを歌っていると言ってました。

 不思議なんですが、期間中100万人訪れる東山花灯路でも、高台寺公園のイベント会場は、空いています(混んでるものもあります)。ちょっと待てば、座れてしまいます。

 その後、知恩院方面へ向かいました。こちらは偶然でした。去年に引き続き、狐の嫁入りに出会いました。しかも、スタート地点(知恩院)から。知恩院が「狐の嫁入り」のスタート地点とは知りませんでした。急に、車がやってきて、狐のお面をここで着用し、人力車に乗り、高台寺に向かって行きました。やたらと、「狐の嫁入りに出会うと、縁起がいい」と先導役の人が言ってました。

 それにしても、晴れていると人が一気に多くなるなあ。

20070317222749.jpg

20070317222801.jpg

20070317222809.jpg

20070317222819.jpg

20070317222828.jpg

20070317222837.jpg

20070317222848.jpg

20070317222857.jpg

20070317222908.jpg

20070317222916.jpg



プレ祇園祭2007-平成女鉾in新風館

 新風館での平成女鉾建て。

 とうとう、建ってしまいました女鉾。新風館で、3/21(水)まで見れます。以前、京都駅ビルでも建てたそうですが、5年ぶりくらいと言ってました。

 何回か祇園囃子奉納で、お囃子を聴きにいったことがありましたが、あれよあれよで、鉾上で演奏されることとなってしまいました。簡単に言っていますが、ここまでするには、相当の情熱を持ち続け、活動をしないと実現不可能です。

 難しいもので、いくら情熱を持っていて、参加したいと言っても、そうやすやすと参加出来ないのが祇園祭です。祇園祭の伝統、慣習、資金、その他もろもろのハードルが立ち塞がります。


 ところで、何故今日(3/17)なんでしょう?勝手な想像ですが、17日と言う日に拘(こだわ)ったのかなあと思います。山鉾巡行日が、7/17なんで。

 それにしても、10年も活動し続けているのには感心しました。ちなみに、私は、10年も同じ会社で働けませんでした。

20070317215127.jpg

20070317215137.jpg

20070317215147.jpg

20070317215158.jpg

20070317215208.jpg

20070317215218.jpg

20070317215228.jpg

20070317215239.jpg

20070317215250.jpg



さくらの都2007-京都御所(2007/3/17版)

 京都御所の糸桜&桃etc。

 今日は、近衛邸跡の糸桜を見に、御所に足を運んでみました。

 御所の北側(今出川側)から行ったのですが、どうも、今日は、同志社女子大学の卒業式らしいです。袴姿の女性達と、たくさんすれ違います。

 普通なら、「ああ、今は卒業式シーズンなんだあ」と思うでしょう。私の場合、ちょっとだけ違う考えが浮かびました。人生で、自分と同じ年齢層の人間と同時に何かを始めたり・終わったりする行事は、大学の卒業式くらいまでなんじゃ無いかと。もう少し伸びても、会社の入社式くらいまで。退職(社)式なんてありません。同期の人間と同じタイミングで、会社を離れるなんて普通ありません。だから、卒業式いうのは、実は大切な行事だったかもしれないと、今更思いました。

 さて話を戻すと、御所の糸桜は、部分的には咲いています。全然まだのものもあるし、咲き始めているものもあります。メイン会場の近衛邸跡は、1週間後だったら、いい感じになっているでしょう。この感じだと、来週は人多いのかな?

20070317164515.jpg

20070317164527.jpg

20070317164538.jpg

20070317164550.jpg

20070317164603.jpg

20070317164615.jpg

20070317164625.jpg

20070317164637.jpg

20070317164705.jpg



新風館-maライブ(2007/3/11版)

 新風館であった、maライブ。

 長野県在住の「ma」ライブ。一昨年のクリスマスライブ以来でしょうか?あの時も寒かったけど、今日も変な天気で晴れたり、雪が降ってきたりで寒いです。晴れ女と雨男の戦いみたいです。

 このmaさん、京都で知名度あるみたいです。結構、新風館に人が来てたから。でも、前回の方が多かったかも。今日のライブは2回あるので、この後の方が人が多いかもしれません。

 前回は、長野系サウンドとか書きましたが、この4月からNHK BS2でも曲が流れるらしいです。でも、あの透き通った音は、長野系サウンドです。

 ライブの最中に、maの宣伝をしていましたが、yahooで「ma」と検索をすると、以前は大阪のE-MAが最上位にあったらしいですが、今はmaが最上位らしいです。ちょっと、調べてみましょう。
  (・・・調べ中・・・)
あっ、本当だ。1番目がmaで、2番目がE-MAだ。


 それにしても、ライブを撮っていたあのTVカメラは、何だったんだろう?何かあるの?多分、ずーっと判らないままでしょう。

 今度はいつ来てもらえるんでしょう。来年?

20070311152128.jpg

20070311152139.jpg

20070311152151.jpg

20070311152200.jpg



東山花灯路2007(2007/3/10版)
 東山花灯路2007の初日。

 今年で5回目。花灯路の知名度はそこそこ知れてきましたが、まだ5回目なんです。どっからお金が出ているのか知りませんが、京都府や京都市も主催しているので、私の税金も投入されているでしょう。だったら、有効利用されているか見ときましょう。

 この花灯路は、土日祝日が一番イベントが多くて、あちこち周っても面白いです。その代り人が増えますが…。運がいい事に、今日は、夜になって雨がポツポツ降り始めました。高台寺公園の「大奈ライブ」を見に行きたかったので、丁度いい感じです。案の上、人が少なくて一番前に座れました。

 大奈さんのライブは、不思議です。一応、この花灯路の主題歌を歌っているんですが、チョット大阪のオバちゃんが入ってます。いや、演歌が入っていると言った方が正しいかもしれません。大奈さんがどんな人か知りたかったら、KBS京都、又はスカパーの京都チャンネルのおもしろ京都検定って番組を見てください。時々、回答者として出演されてます。

 いつものように、円山公園では、オブジェが飾ってあるのですが、青く光る木の葉のオブジェ(7枚目)が、今年はインパクトがありました。去年は、青く光るたい焼きが目を引いてました。夜の青色は、妖艶な感じで人を惹きつけるみたいです。

 あんまり、沢山書くと別の日に書くこと無くなるので、このくらいにしときます。

20070310225320.jpg

20070310225331.jpg

20070310225343.jpg

20070310225355.jpg

20070310225411.jpg

20070310225420.jpg

20070310225429.jpg

20070310225439.jpg

20070310225448.jpg

20070310225500.jpg

20070310225511.jpg


さくらの都2007-長徳寺

 出町柳にある、長徳寺のおかめ桜。

 大体、同じ時期に同じ場所の桜が同時に咲くので、内容が去年のコピーみたいになってしまいます。別の場所を探すのですが、そうそう見つかるものではありません。

 こちらも去年書いたブログの中で、アクセス
ランキングが上位です。去年はアホ程桜の写真を撮りました。もっと、別なものが上位にきてもいいのに、何故か、これが桜記事の中で最高位です。

 実は、一個前に書いた知恩寺にもおかめ桜はあるのですが、こんなに花一杯な感じではありません。同じ種類でも、微妙に違いがあるみたいです。

 この調子だと、来週は御所/平野神社/祇園白川あたりの桜のお話になりそうです。

20070310221827.jpg

20070310221837.jpg

20070310221848.jpg



さくらの都2007-知恩寺

 百万遍知恩寺のふじ桜。

 ふじ桜が咲いていると聞いたので、知恩寺にも足を運びました。前の私のブログ(kansai.com)では、何故か去年書いたふじ桜の記事がアクセスランキングの上位に来ています。どっかにリンク張られているのでしょうか?

 知恩寺に着いてから思い出したんですが、今日は10日です。判る人には判ると思いますが、知恩寺の手作り市の日です。知恩寺の市は、完全素人の手作り市です。知ってはいたんですが、初めてやってきました。最近、神社や寺で、フリーマーケット(いわゆる市)をやっているところが多くなった気がします。

 面白いものがあれば買おうかなと思ってたら、皆さん撤収気味です。どうも、午後4時で終了みたいです。このとき3時半くらいでした。あの手作りケーキ&パンとか買っとけばよかったかなあ?人が手作りしたケーキなんて、そうそう食べられないし。


 今度は、もう少し早めの時間に行ってみましょう。

20070310180842.jpg

20070310180916.jpg

20070310180927.jpg

20070310180937.jpg

20070310180946.jpg

20070310181003.jpg

20070310181016.jpg



さくらの都2007-法輪寺(2007/3/10版)
 虚空蔵法輪寺の桜。

 法輪寺は桜を見に行くのが目的ではなく、芸能上達祈願祭を見に行くことが目的でした。法要の後に、茂山狂言(演目:舟船)が奉納されます。

 この祈願祭、ご近所の人より、どこぞからやって来た人達の方が多いきがします。本堂(撮影禁止)であったので、写真は撮ってませんが、そんなの関係なく写真撮ってる人いっぱいいました。まあ、お寺の人もダメとも言ってないし、いいんでしょう。

 私は去年も来たので、どこであるのか知ってましたが、フラフラときたらそんなことやってることすら判らないです。そう、さらに十三まいりの合間にあるんで、全然わからないでしょう。

 話は全く変わりますが、法輪寺にある駐車場(?)からは、鳥居形や京都タワーだけでなく、仁和寺の五重塔も見えるんですね。注意してみてみると、もっと何か見つかるかもしれません。

20070310174210.jpg

20070310174220.jpg

20070310174231.jpg

20070310174241.jpg


さくらの都2007-車折神社(2007/3/10版)
 車折神社の寒緋桜&河津桜。

 先週の続編です。寒緋桜を見るためだけに見に行きました。

 不思議なもので、河津桜は先週と全く同じ状態でした。一週間も経ったので、少し散っているものだと思っていました。この桜、寿命が長いのでしょうか?今週は、そんなに暖かく無かったから?

 このときはまだ青空が見えていたのですが、この後ドンドン雲行きが怪しくなり、恐らく夜には雨が降り出すでしょう。出来れば、逆にして欲しいです。

 ちなみに、今日のブログ記事は先週と被っているところが多いですが、あくまで今日のお話です。

20070310172600.jpg

20070310172611.jpg

20070310172622.jpg

20070310172632.jpg


菅大臣天満宮-梅

 西洞院仏光寺通りにある、菅大臣(かんだいじん)天満宮の梅。

 本日の最後は、行ったことない場所へ。天満宮のひとつの菅大臣天満宮。

 どうも今年は、梅と早咲きの桜が同時くらいに、咲いているようです。百万遍の知恩寺(not知恩院)とか、三条京阪の檀王法林寺の桜も見頃らしいです。(休みだったら行くのに)

 行ったことあるところを行きつつ、行ったことないところを周るなんて、なんか無理な気がしてきました。去年のブログの内容を見返していたら、アホ程桜巡りしてますね。いや、梅もアホ程です。あの時、左膝を痛めたんだった。いまだに、長距離歩くと痛いです。

 菅大臣天満宮に話を戻すと、ここには、「飛梅」と名がついた紅梅があります。飛梅は、祭神の菅原道真がこの地で詠んだ詩、
  東風吹かば
にほひおこせよ梅の花
    主なしとて春なわすれそ
からきているらしいです。その飛梅は、まだ咲き始めって感じでした。

 それにしても、今日は天気も気温もいい感じでした。来週も、こんな感じでお願いします。

20070304223615.jpg

20070304223706.jpg

20070304223720.jpg

20070304223733.jpg



下御霊神社-梅
 下御霊神社の紅梅。

 ここも去年行ってますね。また同じ様な写真だし。去年は、3月25日くらいが満開だったのかあ。20日ほど早いです。

 いつも思うけど、普通の民家で、何百年レベルの樹を植えてるところって、殆どないと思います。火事とかで無くなることもあるし、管理する人が居なくなるってこともあるし。そこで、そんな樹は、お寺や神社にしか残らないってことになります。そもそも、デカイ樹を植えるスペースなんて、そうそう市街地でありません。

 結局、何が言いたいんでしょう、私は。多分、そんな樹が花をつけるところを見に行けるんだから、いつも行っているんでしょう。そうかあ、行動パターンの理由付けが言いたかったのか。

 全く、下御霊神社と関係ない話でした。下御霊神社の紅梅綺麗でしたよ。

20070304214606.jpg

20070304214619.jpg

20070304214630.jpg

20070304214644.jpg

20070304214655.jpg


さくらの都2007-印空寺
 山越えにある、印空寺の熱海桜。

 京都の一番早咲きの桜って、結局のところどれになるんでしょう?普通に言われているのは、河津桜だけど、この熱海桜はどうなんでしょう?逆に、一番遅咲きの桜って、何になるんでしょう。こちらも、京都では、御室桜って言われているけど、他にないんでしょうか?(十月桜を除く)

 去年もいったので、写真を見比べると…。同じじゃーん。天気も、同じじゃーん。これって、去年の写真?日付が入ってなかったら、全然わからん!唯一違うのは、一ヶ月くらい今年は早いってことだけ。

 それにしても、ここにたどり着くのは、結構苦労します。バスで10/26/59系統を使って、「山越」で降りれば直ぐですが、場所が悪かったらそんなバス乗れません。嵐山からだど、どうしよもう無かったです。山(やま)の越(ごえ)なので、殆ど山です。ただ、近くに佐野造園や宇多野病院もあるので、桜の時期は楽しいかもしれません。

20070304181706.jpg

20070304181719.jpg

20070304181732.jpg

20070304181743.jpg

20070304181756.jpg


清涼寺-梅

 清涼寺の梅。

 そういえば、昨日は曇っていたので、綺麗な写真は取れませんでした。そもそも、白梅に曇り空(白)なんて、上手く撮れるはずがありません。まあ、曇りの日でも、適当にバックを暗いものを選べばいいんですが。

 梅とか桜のバックは、やっぱり雲ひとつない青空が一番。あーそうだ、花は雨がいいんだった。究極は、通り雨が降った後、快晴の空になったとき。そんなん、夏の夕立くらいしかない?

 そうそう、清涼寺に行ったんですが、こちらの梅はもう終盤。あとは散るのみ。軒端の梅は、とっくに終わってます。急に思ったんですが、桜吹雪って良く言うけど、梅吹雪って言いませんね。何ででしょう?


20070304175509.jpg

20070304175522.jpg

20070304175534.jpg

20070304175545.jpg

20070304175602.jpg

20070304175614.jpg



法輪寺-梅
 法輪寺の梅。

 車折神社から、引き続き嵐山に。法輪寺に向かうと、誰かさんが車ダイビングしてぶっ壊れた渡月橋が、直っていました。でも、なんか不自然です。いっそ、全部直したほうが、見た目もよかったのに。

 そんなことより、今日の昼間に渡月橋を渡っていると、気持ちが良すぎます。河川敷でお弁当が食べたくなります。もし弁当を売ってたら、買ってたでしょう。いつもなら、この時期もっと寒いので、サッサと目的地に向かうだけなので、大違いです。

 フラフラしつつ、法輪寺に着くと、十三まいりで順番待ちしている家族連れが何組かいました。よく知りませんが、十三まいりでご祈祷してもらうには、いくら要るんでしょう?それ相応のお金が必要なので、親御さんは、渡月橋を渡るまで、子供に後ろを振り向けないコルセットでも着けておきましょう。

20070304172932.jpg

20070304172945.jpg

20070304172958.jpg

20070304173009.jpg

20070304173028.jpg

20070304173039.jpg

20070304173050.jpg


さくらの都2007-車折神社(2007/3/4版)
 車折神社の紅枝垂れ梅&河津桜。

 今日の天気は何なんでしょう?「もう、4月?」って位の気温です。長Tとジャケットを着て出かけましたが、ジャケットを着ているのすら暑かったです。下手したら、半袖でもいいくらいです。

 昨日、東寺で河津桜が満開だったので、同じく河津桜が植えてある神社も満開のはずです。河津桜で思い出すのは、ここ車折神社。京都新聞で、満開になると直ぐに載ります(京都新聞取ってないけど)。後で知りましたが、昨日か今日の京都新聞に載っていたそうです。

 新聞の影響かどうか判りませんが、車折神社にしては、なんか人が多かったです。パシャパシャ写真撮っている人が、思ったより多かったです。

 東寺の河津桜と車折神社の河津桜を比べると、車折神社の方が、品が良いような気がします。ただの思い込みなんで、根拠はありません。それにしても、去年の今頃は、まだ全然咲いていなかったはずなのに、今年はもう満開です。もう直ぐ、向日葵も咲くんじゃないでしょうか?しまった、寒緋桜見るの忘れた。

20070304164821.jpg

20070304164834.jpg

20070304164853.jpg

20070304164905.jpg

20070304164915.jpg

20070304164926.jpg

20070304164936.jpg

20070304164948.jpg

20070304164959.jpg


市比賣神社-ひいな祭

 市比賣神社(いちひめじんじゃ)のひいな祭。

 「京都の3月3日のひな祭りで、有名なところは?」と聞かれたら、どう答えましょう。賛否両論あるでしょうけど、3月3日限定としたら、下鴨神社と市比売神社でしょう(多分)。下鴨神社の「流し雛」は、去年行ったので、今年は市比売神社の「ひいな祭」にしました。

 えーっと、市比売神社って何処にあるの?えっ、河原町五条?枳殻邸の北側?まあいいわ、とりあえず行ってみましょう。えーっと。おっ、なんか案内標識出てるし、楽勝やん!ありゃ?神社とマンションが合体してる。これって、ジンション?

 って感じで着いたんですが、時間になっても、なんかいっこうに行事が始まる感じがしません。うーん、なんか案内が貼ってあるぞ。えっ、ひいな祭の行事って、別の場所(ひと・まち交流館)って!それって、何処?えっ、あの公民館みたいなところ?あーっ、やばかった。

 ひいな祭の行事を見るには、ひと・まち交流館2階で、千円払う必要があります。お金を払うと、漏れなく記念品とひな茶券がついてます。

 雛飾り人間バージョンを見た後、貰ったひな茶券が使える和室に行くと、行列のできる店になっています。微妙に女の人の方が人数が多い気がします。横に座ったお嬢さん、私をチラ見するのやめてちょうだい。不審者じゃないです。許してください。

 と言った、有名なはずなのに、場所が判らない市比売神社の「ひいな祭」でした。

20070303193845.jpg

20070303193858.jpg

20070303193908.jpg

20070303193919.jpg

20070303193927.jpg

20070303193938.jpg

20070303193954.jpg

20070303194003.jpg

20070303194014.jpg

20070303194025.jpg

20070303194034.jpg



さくらの都2007-東寺
 東寺(教王護国寺)の紅梅&河津桜。

 今日は、弘法さんの日ではありませんが、東寺に紅梅と河津桜が咲いているらしいので、行ってみました。今の時期、春の特別公開をしていて、拝観料が500円→800円になっていました。値段が高い代わりに、いつも見れない五重塔の内部を見れます。

 東寺の五重塔は、新幹線で大阪方面から京都に到着するとき、進行方向右側に現れます。左側は、京都タワーです。前は、新幹線で、京都→東京の出張が多かったですが、今は新大阪→東京が多くなったので、座席を何処にしようか迷います。ただ、快晴の日に、右側(南側)に座るともれなく直射日光が当たります(寝れません)。

 どっかのなんとか検定で問題になっていましたが、この五重塔の高さは、約55メートルで、5代目です。以前、大徳寺塔頭の芳春院に行った時、東寺の五重塔と呑湖閣(どんこかく)の標高が同じだと聴きました。

 長い説明はヤメにして、河津桜が東寺にあるのは、知りませんでした。と言っても、3本程です。植えてある位置は、五重塔と一緒に写真撮ってくださいって感じのところにあります。ちょうど、河津桜は満開でした。

 去年、八重紅枝垂桜を移植したとニュースになったので、その樹(最後の写真)を見てみました。結構デカイです。去年植えたばっかりなので、樹いっぱいに花が咲くのは数年後でしょう。4月中旬が見頃らしいです。

 もろもろ他にも書きたいことがありますが、長文だと読む気が失せるので、これで終了です。

20070303182419.jpg

20070303182429.jpg

20070303182441.jpg

20070303182452.jpg

20070303182514.jpg

20070303182525.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。