京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


松尾大社-春のライトアップ
 松尾大社のライトアップ。

 去年、一昨年とかって、松尾大社でライトアップなんてしてたかなあ?やってたら、チェックして行ってるはずなのに。

 このライトアップの期間は、4/28~4/30まで。時間は、午後6時~午後9時まで。楼門から境内に入るのに、500円必要です。お金を払う代わりに、奉納演奏と庭園の拝観ができます。

 今日行ったのは、ソプラノの夕べがあったからです。そのソプラノ歌手は、吉川真澄さん。伴奏が、ギターの松尾俊介さん。

 いやー、単純にスゴイ。歌声もそうだけど、イギリス、イタリア、スペイン、ドイツetcの楽曲を、現地語で歌ってたから。私には、何となく、何語なのか位しか判らなかったですが、スゲーです。鼻を啜りつつ、歌われていましたが、スゲーでした。

 演奏終了後に、松尾大社の庭園をはじめて見ましたが、神社にある感じの庭ではありませんでした。印象は、大きなお寺にありそうな庭園でした。さすが、「松尾の猛神」といわれる神社です。

20070429214743.jpg

20070429214758.jpg

20070429214808.jpg

20070429214820.jpg

20070429214830.jpg

20070429214842.jpg

20070429214854.jpg

20070429214907.jpg

スポンサーサイト

鳥羽浄水場-藤
 鳥羽水環境保全センターの一般公開。

 今日は、天気が良いですねえ。このまま、ゴールデンウィークの間、この天気が続けばいいのに。

 去年も鳥羽浄水場には行きましたが、今回は不思議と臭いもなかったです。今年は、風向きが良かったんでしょう。あの下水の臭いがすると、なんか嫌な気分になります。

 ここは、上鳥羽にある浄水場ですが、京都駅八条口から気前よく臨時の市バス(無料)がバンバン出ています。どれに乗っても満員なので、乗れればOKとしておかないと、いっこうに着きません。浄水場内に入っても、5分くらい場内を右へ左へとひたすら走ります。

 藤棚ですが、丁度いい感じで、咲いていました。どうも、一般公開時期の決定には、多少の調整が入っているらしいです。今日は、昼過ぎに出発したので、沢山の人出でした。大体は、家族連れかご年配の方々ばかりですけど…。

20070429172030.jpg

20070429172042.jpg

20070429172053.jpg

20070429172105.jpg

20070429172115.jpg

20070429172127.jpg

20070429172138.jpg

20070429172150.jpg


omoya(錦小路店)-フランス料理
 麩屋町錦小路上がるにある、omoya錦小路店。

 今日の夕食は、外食です。お食事日記
第一回で行った、omoyaの錦小路店です。基本的に、姉妹店なので雰囲気も大体同じです。

 omoyaは、町屋でフレンチを食べることのできるお店です。フォークやナイフは、殆ど使うことなく、お箸でフレンチです。使っているお皿も、前回同様、すべて信楽焼きです。分類は、フレンチですけど、そんな堅苦しくないです。何より、値段が安い(コースで一人5,250円)です。

 フレンチといいつつ、最後にご飯と味噌汁が出てくるところが、普通と違うところ。まあ、こんなところ無いと思います。味も、普通に美味しいです。アタリハズレで言うなら、アタリのお店です(だから2回目)。

20070428213855.jpg

20070428213906.jpg

20070428213917.jpg

20070428213927.jpg

20070428213943.jpg

20070428213953.jpg

20070428214003.jpg

20070428214013.jpg

20070428214023.jpg

20070428214033.jpg

20070428214044.jpg


カナート洛北-千宝美ライブ
 千宝美(ちほみ)ライブ@カナート洛北。

 前回、千宝美さんのライブに観たのは、3/17のαステーション主催の京都駅ビル東広場でのライブ『京都駅ビル Presents α-STATION blossom 9days』のとき。その時は、なんとなく行ってみて、今回もなんとなくリピーターです。

 そもそもカナート洛北なんて、どこにあるかすら知りませんでした。カナート洛北は、高野橋東詰を下がったところにある、ショッピングモールです。ショッピングモールといっても、B1Fから2Fまでしか店舗は入っていません。残りの階は、全部駐車場になってました。

 今日のライブは、B1Fの吹き抜けの広場であって、どの階からでも見れました。基本的に、ファミリー層がメインの場所なので、買い物帰りの家族連れが大半です。

 恐らくまた近くで、千宝美さんのライブがあれば、行くんだろうなあ。笑顔が素敵な女性です。

20070428162045.jpg

20070428162911.jpg

20070428162928.jpg

20070428162939.jpg


さくらの都2007-平野神社(2007/4/22版)
 平野神社桜コンサート最終日(4/22版)。

 第6回桜コンサートの最終日、最終公演です。もう、来年までありません。

 最後の最後は、ユニット名『雅美音(GABINE)』。ソプラノ高島美保さん、フルート中村あい子さん、バイオリン水川尚美さん、キーボード本多千鉱さん。大阪音楽大学出身で、去年の12月から活動されているそうです。

 演奏曲のジャンルは、クラシックからJ-POPまで、いろいろでした。聴いていて感じたのは、バイオリンとフルートとピアノをバックに、詩を歌うなんてソプラノ歌手はなんて度胸があるんでしょう。私には、そんな勇気ありません。カラオケで、おもっきり音程外してるくらいだから。

 話が逸れますが、クラシック音楽に携わっている女性は、なぜか美人が多い気がするんですが、気のせいでしょうか?一人や二人ではなく、全体的にそんな気がします。心清き人は、外見にも現れる証拠?真相は闇の中です。

20070422205346.jpg

20070422205357.jpg

20070422205406.jpg

20070422205417.jpg

20070422205426.jpg


さくらの都2007-六孫王神社
 六孫王神社(ろくそんのうじんじゃ)の桜。

 とうとう、ここに辿り着きました。これまで一回も行ったことが無いという条件では、市内の桜で、残っているところは多分無いです。(どっかの街角くらいには、あると思いますが)

 ここ六孫王神社の直ぐ横には、新幹線が走っています。だから、新幹線で、大阪方面から京都にやってくると、六孫王神社は見つかります。一応、京都はのぞみの停車駅で、スピードを落として京都駅に到着するので、気をつければ見つけられます。(京都で降りる人には、そんな暇ないですが)

 新幹線繋がりで、別の話をすると、新幹線で京都にやってくると、結構有名処の社寺仏閣がみつかります。東寺、西本願寺、東本願寺、清水寺は、頑張れば見つけられます。他にも、もうチョット見つけられますが、かなり注視していないと無理かもしれません。

 関係ないですが、一度、新幹線通勤なるものをしてみたいです。在来線の朝のラッシュは、もう勘弁。東京よりましなので、我慢しないとダメですが。出来ても、はるかのマイシートで、妥協するくらいか…。

20070421222923.jpg

20070421222934.jpg

20070421222952.jpg

20070421223006.jpg

20070421223021.jpg


さくらの都2007-平野神社(2007/4/21版)
 平野神社の桜コンサート(4/21版)。

 もう、平野神社の桜も終盤です。ドンチャン騒ぎのあった、染井吉野ロードは、葉桜で正に宴の後です。静かな平野神社が、戻ってきました。

 今の時期に平野神社に行くと、普通では見られない品種の桜が、満開の状態で見れます。鬱金、平野妹背、御衣黄etc。

 今日の桜コンサートは、ハープ二重奏。江藤多紀子さんと中村留美さん。合計12曲演奏されました。

 ハープのみなので、音がやわらかいです。日陰で、桜を見ながら聴いていると、眠くなってきました(いい意味で)。1カ月前は、寒くて震えて聴いていた桜コンサートも、今は、日なたは暑くて、皆さん日陰に移動して聴いています。

 演奏後、さくら湯なるものをやっていたので、一杯頼んで飲んでみました。(最後の写真)。さて、これって何の桜?私にも判りません。味は普通です。味より、見た目を楽しむものなんで、味をどうこういうのは、筋違いです。そんな感じのさくら湯でした。

20070421212315.jpg

20070421212328.jpg

20070421212341.jpg

20070421212353.jpg

20070421212405.jpg

20070421212418.jpg

20070421212430.jpg

20070421212443.jpg

20070421212455.jpg

さくらの都2007-上賀茂神社(2007/4/21版)

 上賀茂神社の桜。

 もう一度、斎王桜をみたくなったので、行ってきました、上賀茂神社。

 斎王桜をパッと見たところ、この前より咲いている気がします。晴れてたら、紅枝垂れが映えてよかったんですが。

 前に書いていなかったですが、斎王桜の周りに、二重の柵がされています。去年は、ここまでされてなかったんですが、どうも加重防衛をしているみたいです(TV CMにも使われたみたいだし)。そこまでしなくてもいいと思いますが、何かあってから言っても仕方ないので、当然の対策でしょうか?

 それにしても、でかいなあ、ここの桜。もうひとつの御所桜って言っている方も、大きいし。多分、関東にこんな場所があったら、即、宴会場に早変わりするんでしょうけど、ここは幼稚園児か暇な大学生が遊んでいるくらいです。お弁当食べる場所としては、打ってつけの場所のような気がします。


20070421182808.jpg

20070421182822.jpg

20070421182835.jpg

20070421182847.jpg

20070421182859.jpg

20070421182909.jpg

20070421182920.jpg

20070421182931.jpg



さくらの都2007-千本えんま堂

 千本えんま堂の普賢象桜(ふげんぞうざくら)。

 もう、桜なんて咲いてないって?まあ、確かにそうですね。通勤途中に桜なんて、もう見かけません。染井吉野は、また来年です。でも、もうちょっと見たいですよね。御室桜も終わりかけで、残りは殆ど無いですが、ウロチョロしてみました。

 知っている人は知っているし、知らない人は全く知らない、象さん桜。象さん桜?
そう、象さんの桜なんです。いつ見ても、重そうな花を付けて、垂れています。サクランボになることも無く、このまま地に落ちます。

 この桜が散っている(落ちる?)のが見れる時期は、えんま堂狂言のときです。大体、ゴールデンウィークあたりです。今、満開なので、来週末くらいがそのときです。この当たりの事情を知っててみると、「なるほど確かに」と思うし、知らなかったら「風で吹き飛ばされたんだ」と思うでしょう。別に、どう思おうが、全然問題ないですけど。

20070421180302.jpg

20070421180313.jpg

20070421180325.jpg

20070421180336.jpg

20070421180347.jpg

20070421180358.jpg



さくらの都2007-雨宝院
 雨宝院の歓喜桜&御衣黄。

 仁和寺と龍安寺で、大部分の時間を使ってしまったので、残りは、ここ雨宝院でお終いです。既に、お腹一杯状態ですが…。

 不思議な事に、仁和寺では御衣黄は、まだつぼみだったんですが、雨宝院では、満開です。同じ品種でも、随分個体差がある桜です。

 雨宝院は、桜の時期以外は、閑散としたところで、殆ど訪れる人はいません。それが、この時期だけ、マニアックな人達が集まります。大体は、タクシーで連れられてきた観光客か、どっかの雑誌に載っていたのを知って訪れるカメラマニアの人達です。

 ただ、今日はビックリしました。なんと、旗を掲げた観光客の団体がやってくるではないですか。私と入れ違いで、雨宝院に団体さんが向かっていきました。今出川通りに、観光バスが駐車されていました。とうとう、そんな状態になってしまったんですね。恐らく、隠れ桜スポット観光って感じのツアーなんでしょう。もう、京都にマニアックスポットなんて無いのかもしれません。

20070415161500.jpg

20070415161512.jpg

20070415161523.jpg

20070415161535.jpg

20070415161547.jpg

20070415161558.jpg

20070415161609.jpg

20070415161620.jpg

20070415161631.jpg

20070415161643.jpg

20070415161653.jpg

20070415161704.jpg


さくらの都2007-龍安寺
 石庭の枝垂桜。

 龍安寺です。ここに来るまでが大変です。既に、仁和寺は渋滞の列が何処までも続いています。何故、この時期、この場所に車で来ようという発想になるんでしょう?無知な人達か、おバカさんの集まりです。

 仁和寺から龍安寺に行くにも、バスなんて使えません。仕方ないので、ランデンを使い竜安寺駅まで移動です。そこからテクテク龍安寺まで、歩いて約10分。

 そんな心の狭い状態でも、ここにきたら、スッカリ忘れてしまいました。そんなことチッチャ過ぎです。10円落として、1万円拾った状態です。

 ここで、もう動きたくない病が発祥してしまいました。他にも周る予定の場所があったのですが、殆どすっ飛ばしで、ここに時間を割いてしまいました。ボーっと、暖かい日差しの下、ここに座っていたら、チョットした不平不満なんて大したことない気がしてきます。やっぱり、石庭は、秋の紅葉の時期ではなく、春の桜の時期が一番です。

20070415153329.jpg

20070415153346.jpg

20070415153358.jpg

20070415153412.jpg

20070415153434.jpg

20070415153450.jpg

20070415153504.jpg


さくらの都2007-御室仁和寺
 御室桜 in 仁和寺。

 朝早くから行こうと思い、目覚ましをセットしましたが、案の定起きられませんでした。もう、そうなると、人がいない綺麗な写真を撮るのは諦めて、ゆっくり行くことにしました。それでも、この時期の御室は、昼を過ぎると移動できなくなってしまうので、午前中に行動です。

 それにしても、今年は、いい時期に仁和寺に行けました。日曜日に満開です。それとなく四方とも、満開の御室桜に囲まれます。そりゃー、舞妓さんもやってきます。

 ポカポカ陽気の日曜日なので、あんまり移動したくなくなります。ここ一ヶ所に留まりたくなる気持ちを抑えつつ、早くしないと御室から脱出出来なくなるので、次に移動です。

20070415150125.jpg

20070415150139.jpg

20070415150152.jpg

20070415150206.jpg

20070415150219.jpg

20070415150231.jpg

20070415150245.jpg

20070415150303.jpg

20070415150313.jpg

20070415150326.jpg

20070415150336.jpg

20070415150351.jpg

20070415150403.jpg

20070415150419.jpg

20070415150430.jpg


さくらの都2007-二条城
 二条城のライトアップ。

 京都のそこら中で、ライトアップのイベントをやっていますが、No.1を選べと言われれば、二条城のライトアップに間違いないです。清水寺でも、高台寺でも、円山公園でもありません。単純に、光量が全然違います。

 ただ、条件付です。染井吉野が散り始めた、この時期でないとダメです。ここの桜たちは、染井吉野以外の品種が殆どなので、そちらの時期にあわしてあげないといけません。二条城は、異常に枝垂桜が多いので、ライトアップしてあると、桜が空から降ってきている感じです。

 残念ながら、ライトアップは明日までですが、昼間は昼間でいい感じだと思います。夜は移動区域が限られて、他の桜に出会えませんが、昼間なら、本丸西側の枝垂桜も見れて、そっちの方が得した気になるかも知れません。

 観光客にとっては二条城は、メジャーなところかもしれませんが、地元の人は殆ど行きません。一回も行ったことない人も沢山います。だから、地元の人にとっては、隠れスポットになってしまいます。多分、地元の人に、二条城にどんな桜があるか聞いても知らないでしょう。そんな場所なんです、二条城は。

20070415000851.jpg

20070415000915.jpg

20070415000927.jpg

20070415000938.jpg

20070415000952.jpg

20070415001003.jpg

20070415001013.jpg

20070415001022.jpg

20070415001046.jpg

20070415001058.jpg

20070415001108.jpg

20070415001119.jpg

20070415001130.jpg

20070415001140.jpg


さくらの都2007-平野神社(2007/4/14版)

 平野神社の桜コンサート(4/14版)。

 明日の夜は、雨になりそうなので、明日の夜に行く予定の場所を、今日周ることにしました。桜コンサートは、今日の予定だったので、別に何も問題ないです。

 今日の桜コンサートは、クラリネット・トロンボーン・ピアノの三重奏。クラリネットが川口京子さん、トロンボーンが小林育朗さん、ピアノ(キーボード)が小林里佳さん。曲数も盛りだくさんで、12曲+アンコール1曲。

 忘れないうちに、曲目を書いておきましょう。
1.ラデンツキー行進曲
2.アベ・マリア
3.コンチェルト
4.オブリビオン
5.プレリュード
6.ワルツ
7.ラプソディ・イン・ブルー
8.島唄
9.荒城の月
10.さくらさくら
11.聖者の行進
12.情熱大陸


 聞いたことある曲、ない曲は、当然あるんですが、とうとう出てきましたのだめカンタービレのテーマ曲『ラプソディ・イン・ブルー』。TV版の「のだめ」は、殆ど見たこと無いですが、一回だけ見た中でこの曲が流れていたのを覚えています。昔読んだ少女コミックでは、「白鳥麗子でございます!」は面白かった記憶があります。「のだめ」は、マンガの方はどうなんでしょう?もう、少女コミックを買いに行く勇気がないので、永遠の謎になりそうです。

20070414230255.jpg

20070414230307.jpg

20070414230318.jpg



さくらの都2007-白峯神宮
 白峯神宮の桜。

 さあ、蹴鞠を見ながら、お花見をしましょう。そんなところは、ここ白峯神宮くらいしかありません。蹴鞠自体がやっていないから、ここだけでしょう。

 今日は、白峯神宮の春季大祭の日でした。だから、蹴鞠の奉納があるんです。たまーに、普通の日でも、白峯神宮で蹴鞠の練習をしています。普通に、珍しいはずですが、下鴨神社の蹴鞠初めのとき程混んでいません。

 蹴鞠の奉納後、いきなり蹴鞠体験会になりました。「蹴鞠やってみませんか?」と保存会の人がマイクでアナウンスすると、みんな恐る恐るやってきます。蹴り方を教えてもらった人達は、楽しそうに鞠を蹴ってました。鞠が軽い(数十グラム)ので、力を要れずに真上に上げるようにするのがコツと言ってました。あと、右足だけ使うというのがルールらしいです。ヘディングも胸でトラップもやってはダメです。チョット体験しとけば、よかったかなあ?

20070414150612.jpg

20070414150625.jpg

20070414150636.jpg

20070414150647.jpg

20070414150658.jpg

20070414150710.jpg

20070414150721.jpg

20070414150732.jpg

20070414150742.jpg

20070414150750.jpg

20070414150805.jpg


さくらの都2007-上賀茂神社(2007/4/14版)
 上賀茂神社の桜。

 今年の上賀茂神社は、JR東海の春のCM(関東のみ)で出ています。時々、東京の方面に出張に行くのですが、東京に着いたのに、京都の宣伝(ポスター)がしてあって、不思議な気分です。同じ古都でも、奈良はおざなりにされてます。まあ、新幹線の停車駅でないから、戦略的にそうなるんでしょうが。

 ポスターを見ていると、加工と言うかフィルタリングされて、青をより青く、赤をより赤くしているみたいです。見た目勝負なので、アリといえばありなんですが、女の人の勝負写真を見ているようです。いわゆる、「写真写りいいね」ってやつです。

 普通は、CMに取り上げられると、異常な人出になりますが、上賀茂神社は交通の便が悪いので、まあこんなもんかって感じです。更に平日になると、このデカイ桜の周りは、殆ど人が居なくなるから不思議です。そんな世界遺産の桜でした。

20070414143851.jpg

20070414143902.jpg

20070414143913.jpg

20070414143926.jpg

20070414143938.jpg

20070414143954.jpg

20070414144005.jpg

20070414144017.jpg

20070414144028.jpg

20070414144041.jpg


さくらの都2007-半木の道
 半木(なからぎ)の道の桜。

 今年の染井吉野は、結構長い間咲き続けています。普通なら、もう葉桜のはずが、まだ散り始めとかです(場所によりますけど)。ここ最近、風が強い日が少なかったのも、その要因かもしれません。

 そんなところで、半木の道です。朝方の雨も止んで、お散歩に出かけました。ここって、あんまり有名じゃないみたいです。知ってても、桜の咲いている時期に来る人は、少なそうです。人が多いか少ないかは、新聞に開花状況が載っているか載っていないかで、随分変わります。

 毎年のことですが、半木の道の桜、だんだん花数が減ってきている気がします。半期の道の立て看板にも書いてありますが、樹勢が衰えてきているみたいです。寿命では無さそうなので、土壌改善していけば、元通りになると思いますが、それって誰がするんでしょう?

 最後に、半期の道の売りは、桜のトンネルを通り抜けられることです。賀茂川を見ながら、桜に囲まれるところは、そんなにありません。一度行くと、また来たくなる場所です。

20070414140702.jpg

20070414140713.jpg

20070414140726.jpg

20070414140739.jpg

20070414140752.jpg

20070414140804.jpg

20070414140816.jpg

20070414140828.jpg

20070414140839.jpg

20070414140852.jpg

20070414140904.jpg


さくらの都2007(番外編)-柴島浄水場桜並木通り抜け
 柴島(くにじま)浄水場、桜並木通り抜け。

 駆け込み乗車で、大阪の桜めぐりです。阪急京都線の崇禅寺駅横にある、柴島浄水場の桜並木です。いつも、朝通り抜けるだけの駅でも、春なら降りてしまいます。この通り抜けは、期間限定で、3/29(木)~4/11(水)までです。

 殆ど、人の乗降りがない崇禅寺駅は、このときでも人はいません。土日は、それなりの人がいるらしいですが、平日の夕方過ぎなら、静かなところです。屋台も沢山出ているのですが、このときは閑古鳥でした。

 昨日今日と、大阪の桜を見ていますが、どうも夕方過ぎに行くところでは無いようです。ライトアップがよろしくないので、桜が綺麗に見えません。今度からは、昼間に行くようにしましょう。

20070410205527.jpg

20070410205548.jpg

20070410205603.jpg

20070410205620.jpg

20070410205633.jpg

20070410205647.jpg

20070410205700.jpg

20070410205712.jpg

20070410205727.jpg

20070410205740.jpg


さくらの都2007(番外編)-造幣局通り抜け
 さくらの都(番外編)、造幣局の通り抜け。

 さてさて、京都の桜ばかりだと、あまり能が無いので、大阪もチョットだけアップします。早めに帰社し、Go to 天満橋です。大阪勤務の特権です(その代り、毎日京都to大阪)。

 月曜日の夜だから、大丈夫と思ってたんですが、その考えは甘かったです。もう、昼だろうが夜だろうが、平日だろうが休日だろうが、大阪は全然関係ないみたいです。

 造幣局の通り抜けは、毎年日にちが違っていて、全体が満開の年もあるし、殆ど咲いていない年もあります。前回行ったときは満開でしたが、今年はまだまだこれからでした。

 夜中なんで、ブレブレ写真ばかりになってしまっていますが、8枚目の写真は、チョット面白くないですか?全員、携帯で写真を撮っています。なんか、危ない宗教のお祈りみたいです。昔だったら、「写ルンです」が代わりだったんでしょうか?

 それにしても、造幣局のライトアップは、イマイチでした。暗すぎて、よく見えません。同じ無料でも、祇園白川はもう少し気合が入ってます。造幣局は、昼間に行くのが正解みたいです。聞いたところでは、昼の12時過ぎに行くのが、一番空いていていいみたいです。

20070409223751.jpg

20070409223829.jpg

20070409223847.jpg

20070409224115.jpg

20070409224132.jpg

20070409224142.jpg

20070409224153.jpg

20070409224205.jpg

20070409224216.jpg

20070409224229.jpg

20070409224242.jpg

20070409224253.jpg


さくらの都2007-平野神社(2007/4/8版)

 平野神社桜コンサート(4/8版)。

 夜は、平野神社の桜コンサートへ出かけました。桜コンサートは、3/25-4/22の間の金土日にやってます。毎回、演奏者が変わるので、同じ人を見ることは不可能です。

 今日は、ペルシアのサンツゥール/ケルトのハープ/日本の琴。で、演奏者は、サントゥールが河村真衣さん、ハープが山根ひろみさん、琴が川本淑子さん。

 皆さんハープと琴は、見たことあると思いますが、サンツゥールって名前すら聞いたことないんではないでしょうか?私も、初めて聞きました。サンツゥールは、ペルシア発祥で、アホ程弦がある楽器です。その弦を、数グラムしかないバチで叩いて音を出します。不思議な音階でした。


 帰り、平野神社の桜苑を見ましたが、もう満開です。同じく、宴会も満開です。今週くらいで、この屋台(?)も消えるんでしょう。来週は、もう少し落ち着いた状態になっていると思います。

20070408221946.jpg

20070408221957.jpg

20070408222007.jpg

20070408222020.jpg

20070408222031.jpg

20070408222049.jpg

20070408222104.jpg

20070408222116.jpg

20070408222128.jpg

20070408222142.jpg

20070408222153.jpg

20070408222204.jpg



さくらの都2007-佐野造園(4/8版)
 佐野造園の桜達。

 広沢池方面に来たのは、こちら佐野造園の桜を見るためです。ここは、京都版造幣局通り抜けが出来ます。普通じゃ見れない品種の桜の展示会のようです。

 京都に住んでいるので判らないですが、関東方面では、桜といえば染井吉野を指すようです。だから、こちらで枝垂桜や八重桜を見ると、違った感じを受けるようです。

 そんな京都の人間でも、佐野造園の桜は、殆ど診たこと無い品種ばかりです。何種類か張っときますが、全品種判る人いますか?いたら、桜博士です。2枚目と3枚目は、違う品種です(少なくとも付いてたラベルでは)。

20070408220224.jpg

20070408220234.jpg

20070408220244.jpg

20070408220255.jpg

20070408220305.jpg

20070408220315.jpg


さくらの都2007-広沢池

 広沢池の桜。

 大沢池から広沢池まで、歩いてみました。チョット遠いでしょうか?ただ、広沢池は、大沢池から見える所にあります。

 広沢池は、そんなに桜が多いってところじゃ無いですが、池の近くなので桜も映えてみえます。不思議と、染井吉野より他の桜が多かったです(写真は染井吉野ばっかり)。誰が植えたのでしょう?

 よく考えたら、今日も相当な距離を歩いています。でも、去年のように膝が痛くなりませんでした。チョット成長したのかもしれません。それともヤバクなる前に、やめてるだけ?それでも、学習効果があったと思うので、よしとします。それにしても、去年の紅葉の記事より、今年の桜の記事の方が、ダントツで多いのは、何故なんでしょう?まだ、これで終わりじゃないのが更に怖いんですけど。

20070408215041.jpg

20070408215053.jpg

20070408215105.jpg

20070408215117.jpg

20070408215130.jpg



さくらの都2007-大沢池

 大沢池の桜。

 順番どおりに、進めましょう(何の順番?)
。お次は、大沢の池です。昼間の嵐山は、出て行くことは可能でしたが、嵐山に向かうのは不可能でした。だから、ここからは嵐山から離れる道のりとなります。

 大沢池は、桜咲く季節に行くと、お金を取られます。これもいろいろ裏技があるんですが、200円程度なので、普通に入りましょう。何故か花灯路のときは、タダです。しかも、シャトルバスまで出ています。

 そういう細かいことは置いといて、ここは春の快晴の日なら、いい気分になれると思います。みんなでワイワイガヤガヤするのもいいし、ひとりでノンビリするのもいいし。都会とは違った雰囲気が味わえる場所です。こんなところが、直ぐ近くにあるのも京都の特長なんだなあと思います。

20070408212851.jpg

20070408212904.jpg

20070408212919.jpg

20070408212931.jpg

20070408212943.jpg

20070408212956.jpg

20070408213008.jpg



さくらの都2007-清涼寺
 清涼寺の桜。

 嵐山に来る人のメイン会場は、何処なんでしょう?なんか人が多いのは、事実なんですが、どこに向かっているのかがイマイチ判りません。少なくとも、清涼寺では無いようです。

 人の理由は知りませんが、私が清涼寺に来た理由は、嵯峨狂言です。今日が、春の公演の最終日です。清涼寺に着いたときは、途中からだったので、内容を全部把握することが出来ませんでした。その前に、予習していかないと、無言劇なので内容を把握するのも敷居が高くなります。お松明会式のときは、もっと人が多かったですが、流石に今日は少なかったです。

 さて、このあと、私は何処に行くでしょうか?

20070408175731.jpg

20070408175742.jpg

20070408175754.jpg

20070408175805.jpg

20070408175815.jpg

20070408175825.jpg

20070408175834.jpg

20070408175845.jpg


さくらの都2007-嵐山
 嵐山の桜。

 いやー、スゴイですね、嵐山は。昼から行ったら、もう大変です。車道まで歩道状態です。赤信号なんて、みんな守りません。ナチュラル歩行者天国(別名、無法地帯)です。それを知ってか知らずか、車でやって来る連中がいるので、あれよあれよで渋滞です。一体どこに、止めるつもりなんでしょう?

 それでも、嵐山自体は範囲が広いので、河川敷やお寺に行けば、それなりの状態になります。円山公園だったら、ブルーシートで足の踏み場がないですが、こっちはそんなことありません。

 秋もスゴイですが、今日も引けをとりませんでした。もう、来週は、スカスカなんでしょうけど。桜の季節は、瞬く間に終わってしまいます。

20070408174553.jpg

20070408174608.jpg

20070408174620.jpg

20070408174631.jpg

20070408174642.jpg

20070408174653.jpg


さくらの都2007-祇園白川(2007/4/8版)

 祇園白川の桜ライトアップ。

 いつから始まったのか判りませんが、祇園白川で夜桜のライトアップを実施しています。普通に、祇園の繁華街なので、酔っ払ったオジさん、芸舞妓さん、その他もろもろの夜中に仕事をする人達が、ゴチャ混ぜで集合します。

 ここ祇園付近は、昼と夜で随分その顔が変わります。行けば判りますが、そうなんです。前より取締りが厳しくなって、随分マシになりましたけど…。いや、昔からそうなのかも(祇園だし)。

 この祇園白川の巽橋付近には、結構美味しいところが沢山あります。何件か行ったことありますが、外見は町屋風で、中身は超現代風なところばかりです。夕食を食べた後に、こんな桜が見れるんだから、実はいいところかもしれません。

20070408005116.jpg

20070408005127.jpg

20070408005137.jpg

20070408005148.jpg

20070408005159.jpg

20070408005210.jpg

20070408005219.jpg

20070408005230.jpg

20070408005241.jpg

20070408005252.jpg



さくらの都2007-平安神宮
 平安神宮の紅しだれコンサート。

 昼間は、いろいろ用事があったので、御所しか行けませんでした。なんか物足りないので、紅しだれコンサートへ。フラッと行った感じで書いていますが、前売り券は購入済みです。

 何回か行っている紅しだれコンサートですが、いつも時期が早すぎます。平安神宮の紅しだれの満開時期は、染井吉野の一週間後くらいです。今は、染井吉野の満開の時期なので、来週がベストです。だから、今は、2-5分咲きくらいです。

 今日の出演者は、岡野弘幹さんで、ネイティブアメリカンフルートという楽器での演奏でした。尺八的な音に聴こえたのですが、どうなんでしょう?フルートって感じでは無かったです。

 最後に、紅しだれコンサートのチョットした裏技(?)を。この紅しだれコンサートは1日に2回演奏があるのですが、1回目は混みます。だから、1回目はスルーして、2回目の演奏を聴くようにします。1回目の終わり位に行けば、いい感じの時間になります。演奏終了後は、即行で出口に向かい、再入場券をもらい、再び入り口に向かいます。何故こんなことをするかと言うと、場内は一方通行だからです。こうすれば、入り口付近に着いたとき、自分が最後部で殆ど人がいなくなります。そうすると、得した感が味わえて、元を取れた気がします。暇な人は、御実行を。

20070408003107.jpg

20070408003117.jpg

20070408003130.jpg

20070408003141.jpg

20070408003152.jpg

20070408003202.jpg

20070408003213.jpg

20070408003223.jpg

20070408003233.jpg

20070408003245.jpg

20070408003256.jpg

20070408003310.jpg

20070408003319.jpg

20070408003330.jpg

20070408003342.jpg

20070408003354.jpg

20070408003406.jpg


さくらの都2007-京都御所(2007/4/7版)

 京都御所春季一般公開。

 なんか天気悪いですねえ。晴れてたのは、朝だけでした。

 御所の一般公開が始まっているのを、スッカリ忘れてました。水曜日から明日までです。今春のテーマは、「御所の年中行事」です。お人形さんの飾られている場所が、と異なります。

 お人形さんは、別にどうでもいいのですが、春の一般公開の目玉は、左近の桜だと思います。これも年によってアタリハズレがあって、左近の桜が満開の時期がアタリの年です。左近の桜のバッタモンは、いろんな神社にありますが、オリジナルは御所です。不思議な事に御所では、右側に桜があっても左と呼びます。理由は単純すぎるので、調べて下さい。

 それにしても御所の桜は、種類が豊富です。3月中旬から咲き始めて、まだもう暫く咲き続きそうです。普通は、染井吉野一色で一瞬で見頃が終わってしまいますが、御所は平野神社並に見頃が続きます。イチオシは、近衛邸の糸桜で、もう終わってしまってますけど。


20070407232431.jpg

20070407232442.jpg

20070407232453.jpg

20070407232508.jpg

20070407232523.jpg

20070407232533.jpg

20070407232545.jpg

20070407232557.jpg

20070407232606.jpg

20070407232619.jpg

20070407232632.jpg

20070407232648.jpg

20070407232700.jpg



さくらの都2007-京都府立植物園
 府立植物園の桜。

 今日は、ここが最後です。ということは、ここがランキング2位の場所です。何回も着ている場所ですが、第2位の理由は、珍しい光景が見れたからです。ブーケを持った新郎新婦に出会えたからです。いいなあ、桜の季節に…。

 府立植物園では、4/1~4/8まで、桜ライトアップをしています。もれなく、花灯路で使っていた灯篭が、足元を照らしてくれます。こっちもよさげです。

 と言うわけで、円山公園から府立植物園まで、ぐるっと京都1/4周くらいしました。このまま西大路まで歩いていたら、半周くらいになるでしょう。この続きは週末です。

20070404221303.jpg

20070404221317.jpg

20070404221328.jpg

20070404221345.jpg

20070404221407.jpg



さくらの都2007-松ヶ崎疎水
 松ヶ崎疎水の桜。

 初めて来ました。松ヶ崎の疎水分流。哲学の道の疎水の終着点です。この先がどうなっているのか知りません(地上から消えます)。もしかしたら、さらに続いているかも知れません。

 ここの写真、雨から快晴に変わったシーンです。だから、最初の方は薄暗くって、最後の方は真っ青な空です。途中、快晴をバックに、雨に濡れた桜が撮れました。こんな事、二度と無い気がします。

 さて、勝手にランキングですが、ここ松ヶ崎疎水が、堂々の1位です。横は住宅街で、道はアスファルトで舗装されていますが、一番なんです。だって、殆ど誰も居ないし、独り占め時間が他より長かったからです。ここの町名も、松ヶ崎桜木町と桜がプッシュされています。一番にした理由は、初めての場所で、インパクトが強かったからだと思います。

20070404214726.jpg

20070404214740.jpg

20070404214832.jpg

20070404214847.jpg

20070404214900.jpg

20070404214913.jpg

20070404214924.jpg

20070404214936.jpg

20070404214948.jpg

20070404215002.jpg

20070404215015.jpg

20070404215033.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。