京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祇園祭り2007-平成女鉾お囃子奉納

 平成女鉾のお囃子奉納。

 チョット更新しないうちに、7月も終了になってしまいました。不思議なんですが、このブログって、誰が見てるんでしょう?私の行動日記なんで、別に誰が見ていてもいいんですけど。

 もう、殆どの祇園祭の行事は終了してしまっています。山鉾巡行のあとの神幸祭、花傘巡行、還幸祭etc。神輿洗いも終わっているので、あとは夏越祭くらいです。その途中にあるのが、この平成女鉾の奉納です。

 いつからやっているのか知りませんが、去年も今頃、奉納がありました。不思議と人が集まります。TVで放送されているか、新聞にでも載っているのでしょうか?もちろん今日も、TV(KBS)、新聞(京都新聞)とも取材に来ていました。

 お囃子を聴いてて、いつも思うのは、「何処が演奏の区切り?」ってことです。なんとなく、ここっぽいかな位は分かるのですが、連続演奏なので、なかなかわかりません。

 それにしても、暑いです。クーラーのある部屋から、外に出るとクラッときます。お囃子を聴いていても、汗だくになってしまいます。お願いです、私にも夏休みをください。暑くてやってられません。


 全く記事と関係ないですが、外為や株をチョロっと始めて、金曜日(7/27)の超円高↑と超株安↓でボディーブローを頂きました。私のへぼポートフォリオでは、やられてしまいそうです。いや、このピンチをチャンスに変えましょう。もうチョット、勉強します。

20070729174245.jpg

20070729174255.jpg

20070729174305.jpg

20070729174316.jpg

20070729174328.jpg

20070729174338.jpg

20070729174347.jpg

20070729174357.jpg

20070729174408.jpg

20070729174417.jpg

20070729174427.jpg

20070729174438.jpg


スポンサーサイト

祇園祭り2007-山鉾巡行(後半)

 山鉾巡行、後半戦。

 今年の後半戦は、御池新町まで上がりました。ここで、確認したかったことは、「長刀鉾の稚児は、ここで本当に降りてしまうのか?」と、もうひとつ、「長刀鉾の矛先(刃先)の向きは、どうなっているのか?」です。

 まあ、写真を見れば一発で、分かってしまいますが、お稚児さんは、ザックリ、強力さんに担がれて、どっか連れ去られてしまいます。ここでも、地に足を触れることはありませんでした。あの後、どういう経路で八坂神社に向かうんでしょう?(御池通りを西に向かっていきました)

 あと、長刀鉾の矛先の向きは、御池通りでは北向きです。前半戦の四条通りでは、南向きでした(前半戦の写真参照)。胡散臭い噂では、辻回しの度に方向が、御所と八坂神社に向かないように調整されるなんてのがありましたが、大嘘でした。

 この御池新町通りの交差点では、順番はグチャグチャになります。鉾は辻回しの順番待ちをし、山はドンドン先に追い越して行きます。さらに、鉾町の場所によっては、かなり後の方まで、順番を下げます。

 この御池新町の辻回しが全て終わったのは、午後2時でした。ハッキリ言って、全部見るとトンでもなく疲れます。一番いいのは、四条烏丸で出発前の山鉾を見た後、速攻で家に帰り、TVで巡行を眺めているのが一番ラクチンで、(家で用事もできるし)効率がいい気がします。

20070717163917.jpg

20070717163931.jpg

20070717163942.jpg

20070717163956.jpg

20070717164006.jpg

20070717164019.jpg

20070717164032.jpg

20070717164044.jpg

20070717164056.jpg

20070717164108.jpg

20070717164121.jpg

20070717164134.jpg

20070717164145.jpg

20070717164155.jpg



祇園祭り2007-山鉾巡行(前半)
 山鉾巡行、前半戦。

 去年は、記事を書きすぎて疲れたので、今年は、つまみ食いで書きます。前半と後半の2回分だけです。前半は、巡行前(8時半~10時過ぎ位)までの四条烏丸界隈のお話です。

 今年の巡行日は平日なので、休日の時よりも当然人は少ないです。雨もこのときは、降っていなかったので、自由に移動もできます。

 普通に思うのですが、巡行を間近でみようとするなら、四条河原町ではなく、こちらの四条烏丸方面がベストだと思います。出発前なので、近くの山鉾町を巡れば、宵山では寄合所に飾ってあった前掛けなどが、完全装備の状態で近くでみれます。と言っても、朝早くからあの辺りをウロチョロする気合が無ければ、あんまり意味ないですけども。

 こちらも、宵山前日(not宵々山)の始まる前と同様の雰囲気が感じられて、いい気がするんです。これも地元の人しか出来ない荒業です。来年は、流石にチョット無理そうですが。

20070717154640.jpg

20070717154651.jpg

20070717154703.jpg

20070717154715.jpg

20070717154731.jpg

20070717154743.jpg

20070717154754.jpg

20070717154805.jpg

20070717154816.jpg

20070717154826.jpg

20070717154836.jpg

20070717154846.jpg

20070717154857.jpg

20070717154908.jpg

20070717154919.jpg

20070717154930.jpg

20070717154942.jpg

20070717154954.jpg


祇園祭り2007-日和神楽
 宵山の日和神楽。

 宵山終盤の行事、船鉾の日和神楽です。日和神楽は、「明日、お天気になりますように」と願って奉納するお囃子です。全ての鉾の囃子方が京極にある御旅所にやってきます。

 このときも、雨が降り始めました。もう、日にちが変わっていますが、明日(今日?)は大丈夫なんでしょうか?今降っている分には、別にどうってことないですけど。

 実は、見に行ったのはいいのですが、時間を間違えてしまいました。「11時頃からだろうなあ」と思って行ったのですが、もう少し早めの時間から、御旅所に来ていたみたいです。だから、御旅所で直接見られたのは、船鉾だけでした。

 まあ、いいっか。それにしても、今年は、あんまり気合入れて書いてないなあ。雨のせいだ。ということに、しておいて下さい。

20070717003217.jpg


祇園祭り2007-蟷螂山からくりおみくじ
 蟷螂山(とうろうやま)のからくりおみくじ。

 今年は雨過ぎます。そのせいで、あんまり周れません。今日も昼間は、これだけです。宵山に雨では、身動きがとれません。

 今年初のものとして、蟷螂山のからくりおみくじがあります。蟷螂山自体が、からくりの仕掛けのある山なので、それにちなんだものになります。

 昨日も見に行ったのですが、好評すぎて一時中止となっていました。今日は、運良く見れたのですが、長い行列が出来ていて、並ぼうという気がなくなりました。結構、上手く出来ていて、見ていると面白いです。おみくじなので、基本的に、並んでいる人達は、女性が多かったです。あと、子供かな?

 そういえば、祇園祭限定グッズを集めるとか言ってて、なーんも集めていません。食べ物に走ってしまってました。限定品で食べたのは、占出山の吉兆あゆ、亀屋良長の鉾調布と宵山団子、仙太郎の一枚笹粽でした。本当は、行者餅も食べたかったのですが、すっかり忘れてました。この中の一番は、敢えて言えば、鉾調布(りゅうひ)かな。

 さあ、夜中はどうしようかな。雨が止んでたら、考えましょう。

20070716164640.jpg

20070716164707.jpg

20070716164723.jpg

20070716164736.jpg


祇園祭り2007-鉾前婚

 綾傘鉾での鉾前婚。

 祇園祭は、いろいろあって面白いですが、これには驚きました。鉾の前で、結婚式です。多分、初の出来事でしょう。

 からすま京都ホテルから、四条烏丸界隈を、綾傘鉾の棒振り&お囃子と共に練り歩きます。普通の結婚式と違うところは、宵山の最中に実施していろところ。棒振りだけなら、何とかなりそうですが、祇園祭中にやるのは、中々大変です。

 人が多すぎて、私は撮れませんでしたが、普通では、取れない結婚写真も完成したことでしょう。「これって合成?」って聞かれるくらいのものが。


 それにしても、昨日だったら、どうなってたんでしょう?いや、それより、この二人が強運の持ち主だったんでしょう。とにかく、祇園祭見学人全てから、祝福された結婚式でした。

20070715172127.jpg

20070715172140.jpg

20070715172155.jpg

20070715172211.jpg

20070715172227.jpg

20070715172243.jpg

20070715172258.jpg

20070715172315.jpg



祇園祭り2007-宵山コンサート
 文化博物館、宵山コンサート。

 雨、雨の宵々々山。雨過ぎて、鉾町界隈を動き回れません。今日と明日は、どうしようも無いです。もう、山鉾巡りは諦めて、ゆっくり出来る場所で過ごしましょう。

 毎年やっている、京都文化博物館の宵山コンサートに行って参りました。今日(7/14)から明後日(7/16)まで、いろんな演奏を無料で聴けます。雨宿りなら、ここが最適でしょう。

 Grand ChariotというDuoがフルートを演奏しています。んー?どっかで見たことある気がします。んー、確か同じ場所で、聴いた気がします。調べてみましょう。アッ、ここにあった。そうかあ。オータムコンサートのときかあ。宵山コンサートの沢山演奏される枠で、ピンポイントで見つけるなんて、奇跡に近いような気がします。

 前は、first fluteの上がり気味には、感動すら覚えましたが、今回は、緊張もだいぶほぐれているみたいです。それでも、相当汗かいてました。

 最後の演奏曲では、このGrand Chariotという名前の曲を初披露していました。この曲を売りにしていくといってたので、また会ったときの為に、覚えておきましょう。

 それよりなにより、どうか明日は、台風が一瞬で過ぎて、台風一過になりますように。

20070714234836.jpg

20070714234850.jpg

20070714235148.jpg

20070714235209.jpg


祇園祭り2007-山鉾建て(7/13版)
 祇園祭、山鉾建て(7/13版)。

 雨です。全然止みません。

 もう殆どの鉾が、完成しています。曳山も大抵が完成していました。今日は、まだフライングなんですが、一番空いている日です。屋台もまだ出ていないし、スイスイ進めます。

 完成している山や鉾では、囃子方さんたちが、お囃子を弾いています。長刀鉾、函谷鉾、南観音山、船鉾、大船鉾etc。あの辺りを歩いていると、コンコンチキチンの音が聞こえてきます。粽(ちまき)も売ってます。鉾にも上がれます。

 フラフラ雨の中歩いていると、占出山に行き着きました。流石に、まだ吉兆あゆ売ってないだろうと思ってたら、売ってます。買ってしまいました。何故、私は、祇園祭限定品に弱いのでしょう。いっそのこと、今年は、祇園祭限定品集めをしてみましょう(できるだけ、食べ物系を)。どんだけあるか知りませんけど。

 雨の中、人混みを歩くのは嫌なんですが、誰もいない雨の中なら、景色が綺麗に見れていいもんです。でも、それも今日まで。明日からは、そんな悠長なことも言ってられなくなります。さてと、明日からは、計画立てて動かないと。

20070713223224.jpg

20070713223239.jpg

20070713223255.jpg

20070713223310.jpg

20070713223325.jpg

20070713223341.jpg

20070713223357.jpg

20070713223411.jpg

20070713223426.jpg

20070713223441.jpg

20070713223455.jpg

20070713223509.jpg


祇園祭り2007-山鉾建て(7/12版)
 祇園祭、山鉾建て(7/12版)。

 降りますねえ、雨。なんか降ってます。多分、明日も明後日も、雨でしょう。祇園祭に雨は付き物ですが、感覚的には、夕立くらいの印象です。まあ、まだ梅雨なんで、当然と言えば当然なんですが。週末は、とうとう台風ですか?

 鉾が建ち始めて、今日で3日目ですが、もう、函谷鉾では、お囃子を引いています。いつも、ここは早いです。函谷鉾があるビルでは、よくお囃子の練習が聞こえてくるので、気合の入れ方が違うんでしょう。

 気が早いのは、鉾町の人達だけでなく、見物人も気が早い人がたくさんいます(お前もな)。もう、浴衣姿で、四条烏丸界隈を歩いているおねえちゃんを見かけます。

 不思議と、このお祭りが始まる前の雰囲気が好きです。今日は、雨上がりだったので、更にそう思ってしまったのかも知れません。今の時期、四条烏丸近辺を歩いていると、京都っていいなあと思うでしょう。なんかそんな考えが浮かぶ、不思議なところです。

20070712214659.jpg

20070712214723.jpg

20070712214734.jpg

20070712214749.jpg

20070712214800.jpg

20070712214815.jpg

20070712214828.jpg

祇園祭り2007-山鉾建て(7/11版)
 祇園祭、山鉾建て(7/11版)。

 今年の祇園祭は、雨模様です。10日から、鉾建てが始まっていますが、昨日今日と朝から雨でした。昨日の神輿洗いは大雨で、払った水か雨か分からなかったんではないでしょうか?

 さて、まだ11日ですが、もう鉾の骨組みは完成しています。長刀鉾も、完成までもう一歩です。恐らく金曜日は、結構な人通りになるでしょう。

 長刀鉾でよく言われることですが、矛先の長刀の刃先は御所の方を向きません。ここまでは、知っている人は知っていますが、どうもこのルールは、山鉾巡行の時には、破られるみたいです。四条河原町は、普通に左折するため問題ないんですが、河原町御池,御池新町も普通に左折する気がするんです。そのときって、長刀ってどっち方向?

 昔、河原町御池で、変則辻回し(バックで左折)をする鉾(山?)があったような記憶があるんですが、あれは長刀鉾だったのでしょうか?知っている人がいたら、教えてください。

 人に聞くより、自分で見に行ったほうが早いかも。

20070711210310.jpg

20070711210320.jpg

20070711210329.jpg

20070711210340.jpg


ベトナムフレンチ-XUAN(スアン)
 御幸町四条を上がったところにある、ベトナムフレンチのお店、スアン。

 ベトナムフレンチと聞いて、「なんじゃそりゃー?」って思いません?我が妹に、エスニック料理で探さしたら、ベトナムフレンチを探し出してきました。今回は、それに乗っかってみましょう。

 まず、ここの雰囲気から。ハッキリ言って、(ディナーでも)女性客が9割以上です。ワンフロア構成なので、客数が大体わかります。全部で50人弱くらいお客さんがいた中で、男性は(私も含め)5人以下でした。

 メニューもろもろを見ると、ここが女性受けすることが判ります。全メニューが、普通のフレンチに比べ、格段に安いです。もちろん、正統派フレンチではないので、比較すること自体、ナンセンスかもしれませんが、少なくとも、よそ行き外食にしては、お手頃価格(コースで最大4,700円)です。

 あと、出てくる料理が、全てヘルシー系。ガッツリ系の男の人には、物足りないかもしれません。でも、デート用でこのお店を、チェックしとく分には、OKでしょう。

 メニューにも、面白いものがたくさんあります。はじめて見ました、ワインのストロベリー。白でも赤でもありません、ストロベリーなんです。もちろん頼んでしまいました。ストロベリーの匂いがします。味は、イチゴ味はあんまりしませんでした。

 ベトナム料理なので、チェがあります。3種類あったので、全部頼んでみました(勿論、一人では、食べてません)。なんか、デザートでお腹いっぱいになった感じです。

 会計の時には、どっから見つけたか知らないけど、妹軍団が、幼児用のチャイニーズ系ベトナム服を見つけてきました。何故、私が姪っ子のベトナム服を買う必要があったのでしょう?これで、萌え系に育たないことを願います。

20070707221652.jpg

20070707221706.jpg

20070707221714.jpg

20070707221725.jpg

20070707221733.jpg

20070707221743.jpg

20070707221752.jpg

20070707221800.jpg

20070707221810.jpg

20070707221819.jpg

20070707221830.jpg

20070707221839.jpg


祇園祭り2007-綾傘鉾稚児社参
 八坂神社であった、綾傘鉾稚児社参。

 今日は、七夕なんですね。といっても、七夕ネタではありません。今日は、曇っていて、織姫と彦星は出会えませんが、残念ながら七夕ネタではありません。

 見に行ったのは、綾傘鉾の稚児社参の方。綾傘鉾の八坂神社へのお参りは、初めて見学しました。綾傘鉾の稚児(+関係者達)が、八坂神社を訪れ、祇園祭の無事を祈ります。

 元々の、祇園祭の鉾の原型は、この綾傘鉾のような傘鉾が原点です。ここから、どう変化していったかは、知りませんけど、適当に調べたら判ると思います。

 7月1日に、長刀鉾のお千度がありましたが、こちらの綾傘鉾でも同じこと(本殿を3周)をします。二つの違いは、付き添いの人が、素手で稚児の手を握っているかどうか。前回の写真を見れば判りますが、長刀鉾では、決して素手で稚児の手に触れません。単純に歴史の違いが、そのまま出ている感じです。

 もう、来週からは、本番モードです。今でも、河原町近辺を歩いていると、祇園囃子が聞こえてきます(録音だけど)。生音も、鉾町をウロチョロしていれば聞けます。楽しい時間はアッという間に、過ぎていきます。

20070707213855.jpg

20070707213904.jpg

20070707213915.jpg

20070707213925.jpg

20070707213935.jpg

20070707213944.jpg

20070707213954.jpg

20070707214004.jpg

20070707214014.jpg

20070707214023.jpg

20070707214033.jpg

20070707214042.jpg


祇園祭り2007-長刀鉾町お千度

 八坂神社であった、お千度の儀。

 始まりましたね、祇園祭り。お千度(1日)から夏越祭(31日)までが、祇園祭りのはじめとおわりの行事です。まあ、京都の人でも、祇園祭りの全部の行事を知っている人は、ごく少数です。鉾町の人達でも、全部は知らないんじゃないでしょうか?

 生稚児が唯一存在するのは、長刀鉾だけですが、人選びはかなり大変だそうです。運よく選ばれても、その家の出費は相当なものらしいです。だから、サラリーマン家庭では、到底無理な話です。2,3日奉仕すればいいとかのレベルではないです。

 お千度の儀は、グルグル本殿を3周するだけですが、これが無いと祇園祭りは始まりません。このお千度の儀以降、徐々に祇園祭りは盛り上がっていきます。


 今年の宵山では、どんな新しいことがあるんでしょう。去年の食べられる粽以上のものは、出てきますでしょうか?毎年、何かしら新しいことがあるので、チョット楽しみです。

20070701132748.jpg

20070701132758.jpg

20070701132809.jpg

20070701132817.jpg

20070701132827.jpg

20070701132837.jpg

20070701132846.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。