京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祇園祭り2010-花傘巡行
 祇園祭り、花傘巡行。

 元々別々の日にあった山鉾巡行が17日に統一されたので、その残った日(24日)に花傘巡行が始まりました。と言っても、私が生まれる前の話なので、詳しい経緯は知りません。知らないけど、24日は花傘巡行の日なので、朝から八坂神社に行ってきました。

 この巡行も例に漏れず、本当の出発地点は、人はあまり集まらないです。みんな八坂神社の西門側に集まります。と言っても、山鉾巡行ほどじゃないので、午前10時前にやってきても普通にみれます。いや普通こんな行事、あることすら知らないんでしょうけど。

 巡行は、色々な列が進んでいくのですが、何故かというかいつも通りというか、宮川町と祇園甲部の芸舞妓さん達の列には、取り巻きのおじさん集団が沢山群がります。そう、自分で芸舞妓さんを呼べないので、ここぞとばかりに何処からか集まってきます。あの人達の意識は、芸舞妓さんにしか行っていないので、周りのことを気にせずに行動します。まあどんな感じかは、行ってみればわかります。

 多分観に行ったら気がつきますが、この巡行では、やけに子供神輿が多いです。メインの花傘よりも多いんじゃないでしょうか。あと、アジア系と西洋系の外国人観光客がやけに多いです。去年とかは、観光客数が減少したので、少なかったんでしょうが、また増えてくるんでしょうね。あの人達、あんまりマナーとか守らないので、少し面倒くさいです。

 さて、もう祇園祭りも大きな行事がほぼ終了です。あとは、もろもろの奉納行事があって、夏越払いで終了です。

20100724_花傘巡行1_640x480 

20100724_花傘巡行2_480x640 

20100724_花傘巡行3_640x480 

20100724_花傘巡行4_640x480 

20100724_花傘巡行5_640x480 

20100724_花傘巡行6_640x480 

20100724_花傘巡行7_640x480 

20100724_花傘巡行8_480x640 

20100724_花傘巡行9_640x480 

20100724_花傘巡行10_480x640 

20100724_花傘巡行11_640x480 

20100724_花傘巡行12_640x480 

20100724_花傘巡行13_640x480 

20100724_花傘巡行14_640x480 

20100724_花傘巡行15_480x640 

20100724_花傘巡行16_640x480 

20100724_花傘巡行17_640x480 

20100724_花傘巡行18_640x480 

20100724_花傘巡行19_640x480 

20100724_花傘巡行20_640x480
 

スポンサーサイト

祇園祭り2010-山鉾巡行
 祇園祭り、山鉾巡行。

 最近、四条河原町や河原町御池で巡行を見るのが面倒になってきて、出発前の山鉾を見るようになって来ています。が、そのほうが人がいなくていいんです。辻回しも近くで見れるんで。ハッキリ言って、人がいっぱいの場所で、数時間も立ちっ放しは相当辛いです。周囲がオッサンだらけだと最悪です。 そうそう、帰りに熱中症で倒れてた人もいたし。

 朝から出発前の山鉾を観に行くと、宵山では見られない完全装備状態の山や鉾が見られます。邪魔な屋台も無くて、人も少ないしお得だと思いませんか。お祭りが始まる前の雰囲気も感じられるし、特にいいんです。 普通じゃ聞けないような話も聞けるし。最後から3枚目の写真なんて、四条河原町でなんて撮れないと思います。

 8時半くらいからウロチョロと歩いていましたが、最終の南観音山が出発うるのは10時半を超えます。恐らくその時間だと、先頭の長刀鉾は河原町御池付近だと思います。雨とかでノロノロ運転になると、グルっと一周するので、頭とお尻がくつっくかもしれません。まだ未だかつて、長刀鉾が南観音山を追い越したことは聞いたことないですが。

 もう、祇園祭りの山場は越えたので、あとはゆっくり普通のお祭り行事が続くだけです。チョット変わっているのは、来週の7/24にある花傘巡行だけかなあ。このあと徐々に祇園祭りも終盤戦になっていきます。

20100717_山鉾巡行1_640x480 

20100717_山鉾巡行2_640x480 

20100717_山鉾巡行3_640x480 

20100717_山鉾巡行4_640x480 

20100717_山鉾巡行5_640x480 

20100717_山鉾巡行6_640x480 

20100717_山鉾巡行7_640x480 

20100717_山鉾巡行8_640x480 

20100717_山鉾巡行9_640x480 

20100717_山鉾巡行10_640x480 

20100717_山鉾巡行11_640x480 

20100717_山鉾巡行12_640x480 

20100717_山鉾巡行13_640x480 

20100717_山鉾巡行14_480x640 

20100717_山鉾巡行15_640x480 

20100717_山鉾巡行16_640x480
 

祇園祭り2010-日和神楽
 祇園祭り、日和神楽。

 今日は金曜日なので、頑張って御旅所まで行ってきました。今年は、梅雨の大雨が続いたために、宵山の人出も半分くらいみたいです。確かに、会社帰りの阪急でも、浴衣を着た人や、お祭りに行く感じの人は、昨日まではあまりみかけませんでした。流石に、今日は雨も降っていないので、阪急の桂駅くらいから人がドッと乗車してきて、朝のラッシュ近くまで人でいっぱいでした。

 この日和神楽は、宵山の最後の方の行事です。この後にも、南観音山では暴れ観音があります。もっと正確に言うと、最後の最後は長刀鉾の日和神楽で、日をまたぐそうです。 日が変わっているので、既に宵山って言い方も正しくないかもしれません。日吉神楽の良きところは、山鉾町からわざわざ御旅所までやってきて、お囃子を弾いてくれることです。普段なら、自分であるいて目的の山や鉾の場所まで行かないと、お囃子が聴けないのが、あっちからやってきてくれます。あんまり人も多くないのでお得です。

 さて、いつもこの日和神楽を見て帰ってくると12時前になっていて、次の日早起きするのが結構つらいんです。判っているけど、日和神楽って地元色が強くでるので面白いんです。関係ないけど、79.7って何処のFMだったけ?御旅所あたりで、中継していたみたいだけど、あのオッちゃんのインタビュー流れたのかなあ?まあそんなのどっちでもいいけど。さあ、もう寝よ。

20100716_日和神楽1_640x480 

20100716_日和神楽2_640x480 

20100716_日和神楽3_480x640 

20100716_日和神楽4_640x480 

20100716_日和神楽5_640x480 

20100716_日和神楽6_640x480 

20100716_日和神楽7_640x480 

20100716_日和神楽8_640x480 

20100716_日和神楽9_640x480 

20100716_日和神楽10_640x480
 


祇園祭り2010-山鉾建て(7/13版)

 祇園祭り、山鉾建て(7/13版)。

 既に曳き初めが終わっているので、山鉾建てではないです。が、まだ宵山でもないので、題名は山鉾建てのままです。もう殆どの山鉾で、お囃子が聞けます。 粽も売っています。鉾にも昇れます。「ローソク一本献じられましょう…」のわらべ唄も聞けます。屋台は出ていませんが、もうプレ宵山です。

 また、会社帰りに立ち寄っていますが、今日は急にドシャ降りになったりしたので、途中で退散してきました。雨は雨で良い写真が撮れるのですが、ドシャ降りではそんな情緒豊かな気分は消え去ります。退散前に、吉兆あゆだけはゲットしておきました。毎年のことですが、屋台で食べ物買うよりよっぽど、美味しいのです。

 もう明日からは、人が一杯になるので、帰りに立ち寄るのは厳しいかもしれません。

20100713_山鉾建て1_640x480 

20100713_山鉾建て2_640x480 

20100713_山鉾建て3_640x480 

20100713_山鉾建て4_480x640 

20100713_山鉾建て5_480x640 

20100713_山鉾建て6_640x480 

20100713_山鉾建て7_480x640 

20100713_山鉾建て8_640x480 

20100713_山鉾建て9_640x480 

20100713_山鉾建て10_640x480
 



祇園祭り2010-山鉾建て(7/12版)
 祇園祭り、山鉾建て(7/12版)。 

 なんか知らないうちにドンドン完成形に近づいていくのですが、また懲りずに会社帰りに寄ってみました。もう、函谷鉾と菊水鉾では、お囃子をやっていました。菊水鉾あたりの雰囲気が、明日の夕方の雰囲気に似ているのです。ご近所さんが夕涼みに楽しそうにお囃子を聴いて、子供達が遊んでいる情景です。このとき位しか、こんな感じにはなりません。宵山が始まると、ヨソさんお迎えモードに切り替わって、あんまり地元色が出てきません。 

 明日になるともっとお囃子があちらこちらから聴こえてきて、あー祇園祭りなんだなあと強く感じます。大船鉾のお囃子が聴けるのも明日からだと思います。大船鉾は、巡行には参加しませんが、もろもろの装飾品は宵山の間だけ、見ることができます。復活に向けて、いろいろと取り組んでいるらしいですが、何年先のことでしょうか。鉾復活は相当お金がかかると思うので、気長に待ちましょう。生きるうちに見れれば、ラッキーかなあ?

20100712_山鉾建て1_480x640 

20100712_山鉾建て2_480x640 

20100712_山鉾建て3_640x480 

20100712_山鉾建て4_480x640 

20100712_山鉾建て5_640x480 

20100712_山鉾建て6_640x480
 


祇園祭り2010-山鉾建て(7/11版)
 祇園祭り、山鉾建て(7/11版)。

 今日は一日中雨ですが、そんなの関係無しに山鉾建ては進んでいました。一時、馬鹿降りしていたのですが、そのときもやってたんでしょうか?流石に雨の日は大変だと見てて思いました。

 今日は参議院選挙の日ですが、与党と野党がゴチャゴチャやっていて、選挙日が祇園祭りの日とぶつかるんじゃないかと、どこぞの市長さんが心配していました。そう言えば、昨日のお迎え提灯でも八坂神社前で選挙演説をやっていました。あのー、あなたを見るためにこの辺の人は集まっていないんですけど、と心の中で思いつつ、行進時刻にはいなくなったので、候補者も京都ルールは知っているようでした。

 毎年思いますが、この時期、京都市内の自動車での移動は、到着時刻を大幅に余裕を持って出発しないと予定通りに行動できないでしょう。知っている人は知っているし、知っていないと酷い目にあう、いつもの出来事ですけど。来週までは、諦めて歩きか公共交通機関を使いましょう。

20100711_山鉾建て1_640x480 

20100711_山鉾建て2_480x640 

20100711_山鉾建て3_480x640 

20100711_山鉾建て4_640x480 

20100711_山鉾建て5_640x480 

20100711_山鉾建て6_480x640 

20100711_山鉾建て7_640x480 

20100711_山鉾建て8_480x640 

20100711_山鉾建て9_640x480 

20100711_山鉾建て10_480x640
 


祇園祭り2010-神輿洗い(7/10版)
 祇園祭り、神輿洗い。

 夜の部も行ったんですが、神輿洗い自体は、全然観れませんでした。 いつもなら、直前に行ってもそこそこ見れるはずが、今日が土曜日のせいか、四条大橋北詰めには馬鹿みたいに人がいました。それでも、通り抜けるくらいなら出来るだろうと思って前に進んでみたのですが、あらまあ途中で流れが止まってしまいました。もう前にも後ろにも進めません。あー、こうやって某明石の花火大会の事故が起こったんだろうなあと思ってしまいます。

 とその時、前のオッサンが「前に進んでくれー!」と叫んでいます。まあそんなこと、この状況を見ればムリに決まっています。なんでこのオッサンそこまで叫んでいるのかと思ったのですが、どうもこのオッサン本日キャバ嬢と同伴出勤のようです。横にキャバ嬢らしき女性が、オッサンと手をつないでいます。オッサンが本当に行きたいのは、この神輿洗いの場所ではなくて、お店なんだろうなあと思いつつ、もしかしたらオッサンのエロパワーで道が開けるんじゃないかと期待しました。がそんなこと起こりませんでした。オッサン、もっとエロを磨いて、エロ闘気で周りの人を引かせてくれと思いました。

 まあ神輿洗いが見れないのは残念でしたが、さっきのお迎え提灯で行進していた、3組の奉納舞がみられるであろうと思い、またGo to八坂神社です。昔大人版の鷺舞でバタバタがあったんですが、こっちはそんなことなくスムーズにやっていました。どういう順番で何処で行うかが全然判らなかったですが、運よく近くで見れたのでよしとしましょう。

 個人的には、祇園祭りは13日の夕方ぐらいの鉾町の雰囲気が好きなのですが、多分仕事なので見に行くことは不可能でしょう。まあ悪いことばかり考えても仕方ないので、面白そうなことを考えることにします。

20100710_神輿洗い1_640x480 

20100710_神輿洗い2_640x480 

20100710_神輿洗い3_640x480 

20100710_神輿洗い4_640x480 

20100710_神輿洗い5_480x640 

20100710_神輿洗い6_640x480 

20100710_神輿洗い7_640x480
 


祇園祭り2010-お迎え提灯

 祇園祭、お迎え提灯。

 さてと、久しぶりに更新しますか。

 もう7月に入ったので、祇園祭り進行中ですが、運よくお迎え提灯と土曜日が重なったので、Go to 八坂神社しました。あんまり知られていないので、わざわざこれ目当てで来ている人は少ないのですが、如何せんここは京都のド真ん中なので、行列が行進しだすとワンサカ人だかりが出来ていました。そう、それでもこの後の神輿洗いよりは、少ないんですが。

 お祭りにしては、始まるのが遅くて午後4時半に八坂神社を出発して、四条河原町⇒京都市役所⇒寺町通り⇒八坂神社と進んでいきます。途中までくっ付いて観てたのですが、疲れて家に帰ってきてしまいました。なんか前に行ったときもそんな感じだった気がします。 結構遠いんです、八坂神社から市役所まで歩くのは。あと、7月なので暑いんです。唯一の救いは、アーケードになっているので、大抵直射日光に当らずにすんだことです。

 行進行列の順番は、岩戸山のお囃子軍団、子武士軍団、祇園小唄軍団、鷺舞軍団、小町踊り軍団の順番だったと思います。あんまり記憶に自信がないです。面白いのは、このお迎え提灯が行進すると、前で客待ちをしていたタクシーがことごとく、車を移動させて道路を空けることです。祇園祭り通行手形があると、モーゼが海を真っ二つに分けたが如く、道が開けてきます。

 この辺りの行事が始まると、そろそろ祇園祭りが盛り上がってきたなあと感じます。今年は、宵山は全て平日になってしまっていますが、10日、17日、24日が土曜日なので、まあまあ日取りはいい年です。お願いだから、今年は仕事が忙しくなりませんように。

20100710_お迎え提灯1_640x480 

20100710_お迎え提灯2_640x480 

20100710_お迎え提灯3_640x480 

20100710_お迎え提灯4_640x480 

20100710_お迎え提灯5_480x640 

20100710_お迎え提灯6_640x480 

20100710_お迎え提灯7_640x480 

20100710_お迎え提灯8_480x640 

20100710_お迎え提灯9_480x640
 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。