京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五山送り火(2010年版)
 五山送り火、右大文字。

 今日は8月16日なので、お盆の最後の行事、送り火の日です。いつも行っていない場所にと、御所の建礼門前で観てきました。あそこは、右大文字がいつも見えてたので、大の字が見えるのは確実なのですが、もしかしたら他の送り火も観れるんじゃないかと少し期待していました。だって、御所から全部見えるように、元々送り火の場所は配置されていたんだから(多分)。 

 が残念な事に、平成の時代では御所では送り火は右大文字以外見えません。根本的に木が邪魔なのと、あと高い木がなくなっても、高い建物が周りにあって全部見ることは不可能でしょう。そもそもあそこから鳥居形が見えるとも思えませんけど。 と言うことで、今日は写真は一枚だけです。私が超望遠レンズを持っていたら、もっと拡大した写真が取れるんでしょうけど、バズーカー砲みたいなレンズは持ち合わせていないので、これで精一杯です。

 欲張って全部見ようとか考えずに、どれか一個に的を絞って、一番近くの場所に行くのが賢明なのを再確認してしまいました。個人的には、人が出町柳ほど多くなくて、灯篭流しをしている嵐山か広沢の池がいいような気がします。嵐山の方は、屋台も出ていてプチお祭りみたいなので、2倍お徳かもしれません。さあ来年はどこに行こうかなあ。そもそも8月16日が休みなのか判りませんけど。

20100816_五山送り火1_640x480 
スポンサーサイト

第64回南丹市やぎの花火大会
 第64回南丹市やぎの花火大会。

 毎年行っている八木の花火大会ですが、今年は運良く観覧席で観ることが出来ました。と言っても、座席があるわけではなく、オッちゃんにダンボールを手渡されて、自分で場所を確保しなければなりません。「どこが観覧席やねん!」と思いましたが、花火が始まると何故観覧席って言っているのかが判りました。そう、観覧席は花火の打ち上げ場所の正面なんです。あまりに近すぎて、寝ながら見ないと首が痛くなります。その代わり、風下になったときは最悪です。煙がそのままこちらにやってきて、なお且つ煙で全然花火が見えません。

 という贅沢な悩みは置いておいて、真正面なので適当に写真を撮っても、それらしい写真になります。適当に三脚にセットして、ボタンを押す作業を繰り返すだけです。時々大きな花火が上がって、耳が痛くなるくらいです。それも花火の醍醐味なので、文句を言っていてはいけません。

 さて、とうとう花火大会もお終いになりました。探せばまだあるんでしょうけど、大きな花火大会はまた来年です。お盆休みの残りの行事は、送り火くらいになりました。送り火が終われば、今度は年末まで大きな連休はないです。今そんなこと考えるとやる気が失せるので、あんまり考えないようにしないといけませんね。

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会1_480x640 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会2_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会3_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会4_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会5_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会6_480x640 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会7_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会8_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会9_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会10_480x640 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会11_640x480 

20100814_第64回南丹市やぎの花火大会12_640x480
 


壬生六歳念仏
 壬生六歳念仏@壬生寺。
 
 「お盆行事も行っとかないといけないなあ」と思い、壬生六歳念仏に行ってきました。まあ、近くでやっている行事なので、フラフラと行ってみました。何故かこのとき一眼レフを持ち歩くのが面倒に思えたので、コンデジだけもって持参しましたが、やっぱり夜中はレンズの性能の差がそのまま現れます。だから、写真もなんかイマイチです。

 毎年行っている気がしますが、今年はツアーの観光客がいなかったです。旗を持った人もいなかったし、それよりも人が少なかったです。少ないといっても、いつもと同じくらいです。観覧用の椅子が並べられていますが、そこはいっぱいです。最初から最後まで、1時間半近くあるので、立ちっぱなしだと結構シンドイです。私は途中で足が痺れました。

 そうそう、私は会社がもう休みなので、お盆気分なんですが、帰りの阪急で背広着た会社員の人を沢山みました。確かに、まだ阪急もお盆用の時刻表でないし、普通の平日の月曜日なんです。ニュースでは、帰省ラッシュの山場は何日だとか、関空が海外旅行客でいっぱいだとかやっていたので、みんな休みだとばっかり思っていました。多分、会社帰りの人が、行楽地から帰ってきているような人達を見ると、なんか嫌な気分なんだろうなあ。だって、私がそうおもうから。まあ、そんなの気にしてたらキリがないけど。

20100809_壬生六歳念仏1_640x480 

20100809_壬生六歳念仏2_640x480 

20100809_壬生六歳念仏3_480x640 

20100809_壬生六歳念仏4_640x480 

20100809_壬生六歳念仏5_640x480 

20100809_壬生六歳念仏6_480x640 

20100809_壬生六歳念仏7_480x640 

20100809_壬生六歳念仏8_640x480 

20100809_壬生六歳念仏9_640x480
 


京の七夕
 京の七夕@堀川会場。

 今年初めての試み、京の七夕。鴨川と堀川周辺で、七夕に関係するイベントがやっています。鴨川でやっている内容は、毎年やっている鴨川納涼の拡大版ですが、堀川でやっている内容は、全くの新期の取り組みです。そもそも、堀川なんて、チョット前までは只の水無し川でしたが、最近松ヶ崎疎水から無理やり水を引っ張ってきて、水を流し始めました。堀川で いろいろ催しをやろうとしているのを、新聞で見たことがあります。

 まず「何故8月に七夕なのか?」って疑問が生じますが、一応旧暦扱いみたいです。まあ、7月は祇園祭りシーズンなので、観光客をわざわざ別のイベントで呼び込む必要もないので、8月に移動させたのだろうと推測されます。別に、神社でも7月に七夕祭をやっているので、わざわざ旧暦にする必要性は、大人の事情以外ではないです。

 そんな政治的思惑が見え隠れするイベントですが、私が行った堀川会場は、今年初のイベントに関わらず、思った以上に人が集まっていました。堀川にあんなに人が集まっているのは、初めて見ました。イベント会場は、押小路通りから一条戻り橋までの距離続いていますが、メインは光の天の川でしょう。だって、そこの人の数は半端じゃなかったです。そうだ!注意しないといけないことがあります。通路が北側一方通行になることです。南側(押小路)から入らないと、全部見れません。全部見ると帰りが相当大変ですけど。

 15日まであるので、送り火の前日まではやっています。暇な人は、行ってみましょう。交通費以外、お金も要らないし、話のネタにはなります。チョットだけ、見て得した気分にもなりますんで。

20100808_京の七夕1_640x480 

20100808_京の七夕2_640x480 

20100808_京の七夕3_640x480 

20100808_京の七夕4_480x640 

20100808_京の七夕5_640x480 

20100808_京の七夕6_640x480 

20100808_京の七夕7_640x480 

20100808_京の七夕8_640x480 

20100808_京の七夕9_480x640 

20100808_京の七夕10_640x480 

20100808_京の七夕11_640x480 

20100808_京の七夕12_480x640
 


第59回亀岡平和祭保津川花火大会
 第59回亀岡平和祭保津川花火大会。

 8月になったので、花火大会がいろんな場所で行われるようになりました。昨日もびわ湖で、今日は、淀川でもありました。恐らく私が住んでいる場所なら、規模の大きい淀川花火大会に行くんでしょうが、私は空いている方が嬉しいので亀岡を選びました。 行き帰りの電車は確かに混んでいますが、まだ耐えられるレベルです。

 去年か一昨年も同じ様な事を書きましたが、ここ10分前でも特等席で見れるんです。ズンズン打ち上げ場所近くまで行くと、何故か空いているんです。今年は、30分前に着いてしまったので、シートを広げて、携帯でワンセグみて寝転んで時間を過ごしました。原っぱで夜中に寝転ぶなんて日常生活では殆ど無いなので、久しぶりに小学校時代を思い出しました。いや、夜中なので正確には、小学校のときもそんなことは無かったです。

 毎年同じような写真になっていますが、ここの花火大会はテンポよくサクサクやってくれるので、 時間が過ぎるのが早く感じます。残念だったのは、今年は風下になってしまったので、煙がこっち方向にやってきて煙かったことです。こればかりは、流石にどうしようもないので諦めました。まあそう言っても、森林火災で目も開けられない程煙たい、モスクワよりはマシです。あっちは、花火も上がらなくて曇っているから最悪ですけど。

 さて、また今年も花火は、八木の花火大会で終了かあ。なんか規模の大きい花火大会を避けているような気がしないでもないですが、まあそれもアリかな。

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会1_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会2_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会3_480x640 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会4_480x640 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会5_480x640 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会6_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会7_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会8_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会9_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会10_640x480 

20100807_第59回亀岡平和祭保津川花火大会11_480x640
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。