京都人つれづれ日記帳
日々起こった楽しいことを書き綴ります。
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



プロフィール

tfje

Author:tfje
どっか行って、なんかあったことを日記にします。



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



アクセスカウンター



アクセス解析1



アクセス解析2



アクセス解析3



ブログランキング

FC2 Blog Ranking

↑押すとブログランキングが上がります。 押しても、押さなくても害は無いです。



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上賀茂神社-賀茂競馬

 上賀茂神社であった、賀茂競馬(かもくらべうま)。

 葵祭りの関連行事2つ目です。午前中に、下鴨神社の歩射神事を見ようと思っていたのですが、今日はテンションが上げられなかったので、賀茂競馬だけにしました。両方見ようと思うと、相当ハイテンションじゃないと辛いです。理由は簡単です。快晴の日だと、賀茂競馬で、直射日光に数時間されされるから。日焼けと脱水との闘いになります。日焼け止めと水分補給は必須です。帰ってきて、どっと疲れました。

  賀茂競馬ですが、いつものように始まるのが遅いです。観覧席は当日券のみで、午前11時半から受付開始しますが、実際に賀茂競馬が始まるのは、午後2時過ぎです。 その間神事が、非公開で実施されます。その間、アナウンス席で、賀茂競馬の歴史や特徴を説明してくれますが、とりあえず待ち時間が長いです。初めから知っていれば、そういうものだと諦められますが、知らないとイライラするかもしれません。

 競馬自体は、6番勝負ですが、1番目はどちらが勝つか決まっている出来レースです。賭け競馬だと、捕まってしまいそうですが、神事なのでOKなんでしょう。何故かと言うと、京都所司代から譲り受けた馬に勝たせるヨイショが、代々続いているそうです。なんか政治献金に似ている気がしますが、昔から続いていることなので、周知の事実なんでしょう。

 個人的には、賀茂競馬より、同じ上賀茂神社である笠懸(かさがけ)の方が、観ていて面白いです。賀茂競馬は、2頭で競争しているだけですが、笠懸は1頭が走りながら的を射抜いてくれます。しかも変な位置に的があるので、流鏑馬より難易度高いです。また、時間があったら行ってみます。 まあ、笠懸があるのは秋なんですけど。

20120505_上賀茂神社賀茂競馬1_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬2_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬3_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬4_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬5_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬6_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬7_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬8_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬9_400x601 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬10_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬11_601x400 

20120505_上賀茂神社賀茂競馬12_601x400



上賀茂神社-斎王代女人列御禊の儀
 上賀茂神社であった斎王代御禊(みそぎ)の儀。

 久しぶりに斎王代禊の儀を見に行きました。禊の儀は、葵祭りの前に、斎王代が、上賀茂神社の場合は、『御手洗川』で、下鴨神社の場合は、『御手洗池』で清めの神事を行います。今年は、上賀茂神社の順番(隔年)なので、観覧に来ている人も少ないです。下鴨神社の番だと京阪の駅の近くなので、よそ様が多くなります。

 一度だけ、上賀茂神社で禊神事を見たことがありますが、そのときは立ち入り禁止区域が殆どなかったです。 が、今年行ってみると、立ち入り禁止個所が沢山あります。事情は判りませんが、以前にトラブルか何かあったんでしょう。誰かがヤンチャしてしまうと、その後の人達に迷惑がかかります。

 今年初めて知ったことがあります。葵祭りの関連行事なので、関係者は葵の葉を付けていますが、この葉っは、『桂(カツラ)+葵(フタバアオイ)』の2種類で構成されています。 神社の人が、わざわざ解説してくれてました。1枚目の写真を見れば判りやすいと思いますが、子供のつけている葉の本体は桂で、下にぶら下がって付いている葉が葵です。今まで、全部葵の葉だと思っていましたが、大間違いでした。ちなみに、葵の葉は、大宮小学校で育てられたものだそうです。

 あと、女人列の衣装は、御所で着付けをしてから、バスでやって来ます。正確に言うと、斎王代以外は、バスでやってきます。女人列は50人くらいいるので、バスも2台ありました。斎王代は、個別に車でやってきました。 今年の斎王代は、亀井敦子さんですが、毎年のようにいいとこのお嬢さんです。いつも、どうやって選んでいるんだろうって思います。

 今日は、雨が降ったり止んだりでした。記念撮影も、最初は境内で撮る予定だったのが、最終的には建物の中で撮っていました。アレ以上雨が強くなったら、皆ビチョビチョになっています。ちなみに、私は傘を持っていかなかったので、チョビチョビチョくらいになりました。

 禊神事を見ていたら、5/15も休みたくなってきましたが、勢いで休んでしまえ作戦は実行できるでしょうか。どうか来週から忙しくなりませんように。

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事1_480x640 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事2_640x480 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事3_640x480 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事4_480x640 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事5_480x640 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事6_480x640 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事7_640x480 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事8_480x640 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事9_640x480 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事10_640x480 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事11_640x480 

20120504_上賀茂神社斎王代禊神事12_480x640


さくらの都2012-京都御所(4/22版)
 京都御所の桜(4/22)。

 恐らく今年最後の桜記事の投稿です。近衛邸跡の糸桜は、既に葉桜ですが、その周辺の糸桜は、まだ満開です。正確に言うと、早咲きから遅咲きまであるので、今行っても満開な桜があります。4月初めは、一杯だった近衛邸跡も、今日は誰も居ません。もうお花見は終了なんでしょう。

 今の時期に御所を訪れると、八重桜が満開になっています。適当に歩いていれば、満開な桜を見つけられます。 4月初めは寒い日もありましたが、今ならポカポカ陽気の下で、お花見が出来ます。

 そう言えば、先週はまるまる台湾出張でしたが、台湾の人に桜の話ばかり聞かれました。今は、桜シーズンだろうって。台湾にも桜はあるそうですが、日本みたいにあちこち意図的に植えていないので、珍しいそうです。まあ、桜に囲まれてお花見できるのは、日本人に生まれた特権です。その特権も、また来年までお預けですけど。

20120422_京都御所桜1_640x480 

20120422_京都御所桜2_640x480 

20120422_京都御所桜3_480x640 

20120422_京都御所桜4_640x480 

20120422_京都御所桜5_640x480 

20120422_京都御所桜6_640x480 

20120422_京都御所桜7_480x640 

20120422_京都御所桜8_640x480 

20120422_京都御所桜9_640x480 

20120422_京都御所桜10_640x480


さくらの都2012-雨宝院

 雨宝院の桜。

 とうとう雨宝院にやってきました。ここを訪れるときは、満開の桜が観れる最後のときです。まあ探せば、あと2,3日くらい満開の桜を見つけられると思いますが、来週末に桜が満開の場所を探すのはもう無理でしょう。

 雨宝院と言えば、『御衣黄』で有名ですが、京都市内限定なら、御室仁和寺、平野神社、京都御所で見つけられます。花が緑色なので、注意しないと見逃してしまいますが、見つけると得した気分になります。しかも開花時期が何処にも情報がないので、更に得した気分が増します。

 歓喜桜も満開でしたが、こちらは散り始めって感じでした。明日も雨らしいので、来週初めで殆ど花を散らすと思います。歓喜桜の花の形は、御室桜と似ていますが、なんか背が高いので、御室桜とは違うと思います。晴れた日の歓喜桜舞うとき、ここに来れたら最高なんですが。

20120422_雨宝院桜1_640x480 

20120422_雨宝院桜2_480x640 

20120422_雨宝院桜3_480x640 

20120422_雨宝院桜4_480x640 

20120422_雨宝院桜5_480x640 

20120422_雨宝院桜6_640x480 

20120422_雨宝院桜7_640x480



さくらの都2012-千本えんま堂
 千本えんま堂の桜。

 今日は雨に濡れた御室桜から始めようかと思って仁和寺に到着したところ、落花さかんなる看板があったので、御室桜はパスしました。昨日からの雨で、桜の花弁も吹っ飛ばされたみたいです。 少し残念でしたが、サッサと諦めて次の場所へ移動しました。

 久しぶりに千本えんま堂に来たので、到着するに少し迷ってしまいました。千本えんま堂の桜と言えば、普賢象桜ですが、こちらは雨風に負けずに今が見頃でした。雨に濡れた桜もいい感じです。ゴールデンウィークには、千本えんま堂狂言があって、そのときに普賢象桜が萼(がく)ごと落ちる姿が見れます。

 あんまり有名処ではないですが、この時期千本えんま堂を訪れるとチョット得した気分になります。今日は雨だったので、私以外は誰も居なかったので、更に得した気分でした。

20120422_千本えんま堂桜1_640x480 

20120422_千本えんま堂桜2_640x480 

20120422_千本えんま堂桜3_480x640 

20120422_千本えんま堂桜4_640x480 

20120422_千本えんま堂桜5_640x480 

20120422_千本えんま堂桜6_640x480 

20120422_千本えんま堂桜7_640x480




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。